« 同じバターソースでもムニエルの時は | トップページ | 衣いらず、コレなら揚げものも気楽に出来ちゃう »

2014年9月 9日 (火)

ムニエルだけじゃなく、コレ便利です

Farine


まあ、地味な写真のみの今日のブログでございます。

昨日のムニエルのお話しの続きでもあるんですが、ここのところチョコチョコ書いている「料理の道具」話でもあるし…。

ムニエル=粉屋風なわけで、焼く前に薄く小麦粉をまぶします。まぶさないで焼くのはポワレですもんね。

といいつつ、某有名魚料理店のレシピを見たら、舌平目のムニエルには「粉はまぶさない方がキレイに焼ける」と書いてあった!!!

私はやっぱりバターのからみが良いのと、昔からの習慣かなぁ、小麦粉を薄くまぶしています。

といいながら、実際のアクションは「小麦粉をふりかけている」だけなの。で、使うのが写真の粉入れ。

 上部がアミになっているので、いわば茶漉しでふるいながら、と同じような状態で薄くキレイに粉がつきますし、バットなども必要ないので本当に便利。

 私は格安、に魅かれて買ったので残念、蓋が付いていないために一回り大きなガラス瓶に入れて収納していますが、以前デパートで蓋付きのも見かけたので、そっちの方が便利でしょう。

 実は同じものを日本でもずっと愛用していたんですがパリに引っ越してくる時に持ってこなかったのです。大した差は内容でも茶漉しだと余った粉の始末とかで、けっこうメンドウでした。あわてて、大型の塩容器=蓋がアミでなく小さな穴があいているのを買ったら、これは粉がうまく出てこなくてNG。レアールの店で買い直しました。

 この粉振り、フライの下ごしらえにも大活躍ですので、おすすめですよ~。

 パンをこねる時も打ち粉を台に振るのに粉が多過ぎない、というメリットもありますが、わたしの尊敬するR先生は密閉容器に入れた粉を上等の刷毛でそ~っと丁寧にしていらっしゃって、多分そちらの方が良いのだと思います。私のはきっと手抜き流だからね。

|

« 同じバターソースでもムニエルの時は | トップページ | 衣いらず、コレなら揚げものも気楽に出来ちゃう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じバターソースでもムニエルの時は | トップページ | 衣いらず、コレなら揚げものも気楽に出来ちゃう »