« イタリアン強化月間? | トップページ | 日本人はフワフワ好き? »

2014年9月 3日 (水)

栗と鶏肉は相性だから

Poulet


先日スーパーでラベルルージュ(フランス公認の高品質保証マーク 赤いRのシール)の地鶏がお安くなっているのを見つけてローストにしました。

夫と二人暮らしですので、さすがに「鶏の丸焼き」全部は食べきれないので、モモ肉は残して、胸肉と手羽元、手羽先をスタッフィングと共に盛りつけました。

Farci


スタッフィングの材料は

フランスパンの残りを一口大より小さめに切って乾燥させたものをオーブンで薄く色付くまで焼いたもの。

エシャレットとベーコン、セップ茸、をオイルで炒めてブランデーをかけてフランベ、茹でた栗も加える。あ、肉屋でもっと上等の鶏をさばいてもらうなら、レバー、ハツ、砂肝も刻んで一緒に…。

プラス刻んだパセリ。

 以上の材料に調味して鶏のお腹に詰めてローストするんですが、秋らしいポイントが栗と茸の組み合わせです。

 チャイニーズで鶏肉と栗を炒め煮にしたものも大好きなオカズですが、ローストしたチキンやたの禽類のローストにもこの詰め物が絶対に美味しいと思います。

 で、秋の料理教室で是非作りたいのですが、家庭の事情で10月がお休みです。で、今月はまだ栗が出てこないので無理かも。11月まで待って下さいね。

 ところで、八百屋の店先に栗が出ないのに、何故我が家のローストに栗が入っているか?それは例の皆様ご存じの冷食専門○カールの皮むき栗を使ったから。この栗、品質もなかなかで、固い皮をむく手間がないので、和菓子の先生もフランス料理のマダムVも愛用していらっしゃる様子。私は栗の皮をむくのも好きなんですが、急ぐ時にはやっぱり便利。

 じゃ、アレさえ買えば作れますねぇ、と今月の料理教室のみなさん、早合点は禁物です。

 ○カールの冷食は「一番の旬=美味しくて安い季節に製造する」のだそうで、栗の冷凍が出回るのは11月も終わり頃。

 そろそろ栗ご飯でも簡単に作っちゃおう、な気持ちになる10月の初めごろには店頭に並んでなくてガッカリ、なので前年に買って、開封せずに冷凍庫に保存してあるんです。

 クリスマス用にお作りになるなら間に合うかな?または生の栗の皮を頑張ってむく?

 料理教室でのリクエスト、お待ちしてま~す!11月以降でね。

|

« イタリアン強化月間? | トップページ | 日本人はフワフワ好き? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアン強化月間? | トップページ | 日本人はフワフワ好き? »