« 季節だから、これも作ってね セップ茸のリゾット | トップページ | 栗と鶏肉は相性だから »

2014年9月 2日 (火)

イタリアン強化月間?

Image


昨日から「訪問料理教室」復活しました(で、10月がまた休みでゴメンナサイ。11、12月は実施1月休み、2月以降もこんなリズムでしょう)

 

で、9月はなんとなくイタリアンな気分でございます。先日、ブログを書きながら、自分の料理研究家としてのキャリアは「マンマに習ったイタリアン」だったことを思い出したりしたせいか...。

 

で、さわやか白ワイン系のお教室のメインは豚ヒレ肉のトンナータにしました。

 

わたし自身もここ数年、忘れてて作ってなかった!で、教室の前に試作したら、本来は仔牛肉の料理だけど、豚ヒレ肉の方がしっとりと美味しい気がしました。ちょっとしたコツで脂の少ない豚ヒレ肉がパサ付かずに仕上がります。

 

 で、日本では豚ヒレ肉というと細長い形状で売っているのしかナイけれど、ひとつご注意。

 

こちらではコレはフィレミニョンと注文しないと分からないかも、です。単にフィレと肉屋で注文するともっと太い塊部分を出してきますからね。これは、これで美味しい部位ですが、日本人としては、フィレミニョンが食べ慣れた柔らかい肉ですから。特に、ヒレカツにはこっちでね。

 

ソースはツナ缶とマヨネーズがベースですが、手作り派のわたくしの教室では必ず手作りマヨネーズ ですから、その分美味しいのよん。

 

 冷菜としてお出しするものですが、これまた日本料理とは違って、あんまり冷やし過ぎないのが美味しいです。是非、お教室でリクエストいただき、しっとり豚肉を味わって頂きたいの。あ、写真手前はイカのマリネ。これもお薦め。

 

|

« 季節だから、これも作ってね セップ茸のリゾット | トップページ | 栗と鶏肉は相性だから »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節だから、これも作ってね セップ茸のリゾット | トップページ | 栗と鶏肉は相性だから »