« アーティーチョークはフランスのタケノコ?! | トップページ | パリでも長い茄子を見かけるので »

2014年8月 5日 (火)

夏のお菓子の試作中

Dolciestive


私は○○ドン○ルーとか○ッツみたいな専門の学校で勉強していないので、本格的なパティスリーは作りません(作れない…)

で、普段のデザートやオヤツは作るの大好き、食べるのも、体重問題と戦いつつ大好物ですからね。

夏はゼラチンで固めたり、ひんやりデザートが一番?でもピクニックの季節でもあるので、夏らしい焼き菓子も欲しいでしょ?

で、今回なんとなく(自分だけで)夏っぽい焼き菓子をアレコレ試作した中でお薦めが2種類。

ひとつはバナナと胡桃のマフィン。普段のわたしのバターケーキっぽいレシピよりバター控えめ、甘みも控えめです。バターをサラダオイルにして量を減らし、胡桃をいれない蒸しパンも試しましたが、なんとなく夏は蒸したより焼いた方が良さそうです。甘味を控えた分、チョコチップを入れたのも良いです。

そして、右にあるのは最終段階の一つ手前のココナツクッキー。この写真のはアメリカンクッキーっぽいというか日本で人気の○○トリーマームっぽいというか、中がソフトなしあがりになっています。

で、このあと生地をもっと平たくしてカリッと焼くように改良。ジンジャーパウダーも少量加えるようにしました。ココナツはスーパーで安く売ってたココナツファイン(果肉を削ったようなモノ)をフードプロセッサーで少し細かくしました。そのまんまだと、さすがに口当たりがゴソゴソする!

 ゴゾゴゾを気にするなら、量を減らしても良いのですが、せっかくココナツクッキーならたっぷり使いたいのでね。それに昔オヤツのココナツマカロンっぽさも残したいのです。

 

 パイナップルのアップサイドダウンケーキも私の夏オヤツの定番なんですが、近所でパイナップルの缶詰が売っていない!

 タルトタタンのパイナップル版、そしてタルト生地のかわりにバターケーキの生地を使ってるこのお菓子、出来上がりを冷たくして食べると甘いパインの果汁が生地に浸みこんだ感じがオイシイ~のにね。(あ、そのために私は焼き上がりにシロップを増量するの)

 夏は皆さんヴァカンスとお子さんの夏休みもあるので、料理教室がナイ=夏の料理とお菓子をご披露できずに残念。

 でもご紹介した二つは一年中オイシイということで、また一緒に作りましょう!

料理教室のお問い合わせとお申し込み(4人以上のグループでお願いします)

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« アーティーチョークはフランスのタケノコ?! | トップページ | パリでも長い茄子を見かけるので »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーティーチョークはフランスのタケノコ?! | トップページ | パリでも長い茄子を見かけるので »