« 昭和の味を、ワインの食卓にアレンジ | トップページ | 今が作りどき! セップ茸のタリアータ »

2014年8月26日 (火)

ちょっとしたモノのおすすめ

Boitte


キッチンの道具で絶対におすすめ、は先日書いた砥石でございますが、アレは買うと「包丁砥ぐ」作業が増えるわね~。

 

で、とっても手軽で、お役立ちなおすすめをもうひとつ。こちらはチーズが美味しく食べられるだけで、何の手間もいらないエライ!

 

カマンベールチーズは、是非、加熱処理しない生乳で作った、手作りのを買って召し上がって頂きたいです。

スーパーで買うものの中には買った日から中まで「ほどよく熟成」っぽい状態がず~っと続く、というのも有りますが、なんだかアヤシイ気がしませんか。というか風味が違うからね。

 

 先日某ファーストフードの製品がまったく腐らないとか「溶けないアイス」とかの動画を見ちゃって、さらに、工業製品的な「食」が怖くなってしまいました。

 

 で、自然にチーズ屋さんが熟成したカマンベールは「熟し頃」を室温で切ると中身はトロリンクリーミー。どろ~っと流れ出す(コレは行き過ぎ)わけじゃないですが、食べ残ったのをそのままにしておくと、中の柔らかいところが飛び出てきて平たくなる。

 

 それをこのケースに入れて置くと蓋と箱の両方に付いた羽根状の板で挟む=崩れずに翌日も美味しく、キレイ。と言うわけです。

 

 雑貨屋さんで5ユーロくらい、ペラペラのプラスチックだから乱暴に扱ったりするのは、そして固い床に落とすのもNGですが、カマンベール好きなら、是非おひとついかが?な道具です。

 

 お土産にも良さそうですが、このあいだ気が付いたのだけど、日本のカマンベールはサイズが小さいので合わないかと...。

 

 

 

パリでご自分用に是非お試しくださいね。

|

« 昭和の味を、ワインの食卓にアレンジ | トップページ | 今が作りどき! セップ茸のタリアータ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和の味を、ワインの食卓にアレンジ | トップページ | 今が作りどき! セップ茸のタリアータ »