« パリに戻ったら肉が食べたいの~まずは子羊からシンプルに | トップページ | 肉質かわれば焼き方も  ステーキ »

2014年7月29日 (火)

これが私の新作子羊の味です モンゴル風がちょっぴり

Agcimin


ぱっと見ると(あいかわらず写真がヘタだから)普通の子羊のソテー、すこしソースの色が濃い目かな?なんですが、コレわたしの長い帰国土産のあたらしい味付けです。

 

神田のガード下の庶民的な大人気ウイグル料理店の「羊の串焼き」の味付けをヒントにしました。

 

一応わたしは料理を仕事にしているので、美味しい味付けに出会ったときでもお店の人に「どうやるの??何が入ってるの?」などの質問はルール違反だと思っています。

 

ですので、なんとか自分で味の記憶をたどってアレコレと試行錯誤。そして、自分の好みもプラスしていくというわけです。

 

で、今回のソースはモンゴル風をベースにしてある、つもり...。

 

ベースは醤油味なんだけど、醤油だけじゃエキゾチックにならないので、シーズニングソースを加えました。そう、アジア料理には欠かせない黄色いラベルの四角い瓶に入っているアレです。けっこう化学調味料も多めなんだけど、独特の風味がマストだから。

 

 で、クミンがポイントで、オイルでゆっくり炒って香りを出したホールとパウダー、そしてコリアンダーも生のとパウダー、胡椒、ニンニク、そしてチョッピリの甘み、がベースになっています。

 甘味はみりん、蜂蜜、赤砂糖、どれがベストかまだ決めかねている状態ですが、あくまでも隠し味。食べた時は「さっぱりキリットした甘味のナイ味」に思える程度の量です。

 そして、やっぱり「パリのノア流」ですので、仕上げにバターをからめて。

 このバターはソースにとろみ感を加える効果もあるので、最後の最後に加えるのを忘れないように。

 付け合わせは椎茸とアーティーチョークで、彩りは地味ですが、ベストマッチかと...。

 今日はラムチョップを使いましたが、骨なしのモモ肉のほうがオリジナルっぽく、さらに一口大を串に差してもカッコ良いでしょう。

 

 ながいお休みのおわび、のかわりに新作の子羊料理のレシピを書いてみました。夏の暑さにもピッタリなあじつけですし、ワインでもビールにも合うはず。是非おためしくださいね。

 もちろん、料理教室でもお作りします。お問い合わせ、お申し込みはコチラ

 noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« パリに戻ったら肉が食べたいの~まずは子羊からシンプルに | トップページ | 肉質かわれば焼き方も  ステーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリに戻ったら肉が食べたいの~まずは子羊からシンプルに | トップページ | 肉質かわれば焼き方も  ステーキ »