« 東京でアルザス気分 | トップページ | パリで作れば、殊更うんまい どら焼き作りました »

2014年4月28日 (月)

小さめの鍋で煮込み料理

Minicocotte昨日のブログに書いたんですが、今回の東京ではストウブ鍋を使ったお料理をご紹介、のイベントを行って来ました。

そんなわけで、その準備の間も、普段以上にストウブ鍋を使用してアレコレと料理(試作)をしていたんですが…。

日本に帰って驚いた、て恥ずかしいけど「自分の胃袋がフランスサイズになっちゃってる」コトなんです。

いっつも「痩せたい~」と言ってはウォーキングしたり、縄跳び、ランニングなどちょこちょこと体を動かしててはいるけれど、絶対的に食べ過ぎだわ!

 そんなわけで、夫と二人分のおかず作りに、小さいココットをもっと使おうことに決めました。

 今まではこの、直径14センチのココットはじゃがいもを茹でる、茹で卵、少量のご飯を炊く、あとはデザートのプディングをオーブン焼きする時の焼き型として…みたいな使い方だったのだけど、シンプルな煮込み料理なら2人分(日本人サイズ)が丁度良く出来るのですね。

 今日の写真は羊の首肉(骨付き)とひよこ豆の煮込みです。味付けにトマトも入れたのだけど、相変わらずの「写真ベタ」で見えません。

 あとは、ズッキーニ、椎茸、新玉ねぎをたっぷり炒めた物と一緒にクスクス風に頂きます。

 夫と二人暮らしでも料理はかなり「4人分」に近い量で作っていて、残り物に悩んでたのも解消、ねがわくば食べ過ぎも解消したいところですねぇ。

 食べ盛りのお子さんたちがいらしたら、もちろん大きな鍋が必要ですが、けっこう生徒さんに質問を頂くのは「お客様用に大きな鍋を買った方が良い?」ということ。

 お答えはいつも

 「お客様といっても、普段の分量で作らないと失敗の元!作り慣れた料理をいつもの分量でつくり、来客なら一品増やすか市販のお気に入りを上手に組み合わせて」と申し上げています。

 我が家の2人分はともかく、ただでさえ思い鋳物の鍋はあまり大き過ぎないサイズでお買いになる方がラクかも、ですよ。

 厚手の鍋の使いこなし、ちょっとシーズンが終わったけど煮込み料理の秘訣など、料理教室のお問い合わせ、お申し込みはこちらへ。

noashiodaparistokiyo@yahoo.co.jp

|

« 東京でアルザス気分 | トップページ | パリで作れば、殊更うんまい どら焼き作りました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京でアルザス気分 | トップページ | パリで作れば、殊更うんまい どら焼き作りました »