« 習うということ | トップページ | 皆さん「ダブルクリーム」がお好き »

2014年3月31日 (月)

五月からは爽やかな献立を目指しましょう

Terrine_sなんだか盛り付けがズレちゃってますが、実はかなり「美しい」割りに簡単な前菜でございます。

「鶏肉と季節の野菜のテリーヌ」でございます、なんて言ったら素敵でしょ?

向こう側にはハーブを入れた軽いクリーミーなソースが添えてあるんですが。

野菜は季節のものなら何でも大丈夫。鶏肉は今回は前日の小さめの鶏のローストを作った胸肉を残しておいたものです。

理想を言えば、骨付きの鶏肉と手羽先を茹でてブイヨンを取り、その肉と野菜をゼラチンで固めるんですが、簡単に胸肉を焼いたり蒸したりしても、市販のローストチキンを買って、インスタントゼリーでも…。

Yasaiterrine_s今回はスライスしてお皿に盛ってからサービスしたんですが、こうやって丸のまんまをテーブルで切り分けるのも良いかもしれません。

もう少し夏になったらトマトなんかも入れるとキレイ。

五月からは、こんな涼しげな料理もメニューに取り入れていこうと思ってますので、料理教室もよろしくお願いします。

ところで、このテリーヌに限らず、夏場は口当たりひんやりの料理が嬉しいですね。

普通におウチで作るなら前もって準備して冷蔵庫で冷やせば良いのですが、お教室では時間が限られています。そこで、ゼラチンで固めるものはもちろん、ひんやり料理をご希望の際は、氷か保冷剤のご準備をお願いします。

我が家ももちろんなんですが、飲み物とかにやたら氷を入れないのがフランス流、(イタリアもそう)らしく、冷蔵庫も製氷ボックスが無いのが当たり前。冷凍庫で氷を作るのも仕切りのついたビニール袋みたいなのに作るので、数が出来ません。

 というわけで、冷凍庫で保冷剤を凍らして置いて頂き、それを使って冷たい水を作って冷やすのが、一番簡単かな?と思っています。

生鮮品の買い物には長時間つめたさが続く大きなのが便利ですが、氷の代用に使用するのは小さめのを数を沢山の方が使い良いみたい。どうぞ、何かの機会で手に入ったら捨てずに置いておいてくださいませ。

ひんやりだけでなく色々作れますの「訪問料理教室」お友達同士で4人グループを作ったらお声をかけて下さい

お問い合わせ、お申し込みは

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 習うということ | トップページ | 皆さん「ダブルクリーム」がお好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 習うということ | トップページ | 皆さん「ダブルクリーム」がお好き »