« 盛り付けの工夫で大人味のチョコ | トップページ | 生チョコ イケナイ応用編 »

2014年3月20日 (木)

バカラって食べたことがありますか?

Morue_sトマトソースの上に乗ったから揚げ、中身はバカラ、塩鱈を戻したものです。

バカラ、バカラオなんて呼べば置いてある食材店では通じますが、フランス語ではモリューというのがホント。

真鱈をすごい量の塩漬けにして干してあるもので、80センチくらいの長さのかなりな大きさ、でちょっと独特の魚臭さ(当然ですが)があり、すごい量の塩がまぶっているので買おうという気にはなれませんが…。

イタリアでも、スペインでもポルトガルでもお馴染みの食材で、フランスの定番料理としては「ブランダード」茹でたものをほぐしてたっぷりのオリーブオイルも加えてグラタンにしたもの。

安いビストロとかのだと、大量のマッシュポテトが混ぜてあり、じゃがいも好きの私としてはそれは、それで美味しい。

 日本でも昔ながらの東京の湯豆腐だと、かなり塩辛い、鱈の切り身が入っていたもので、生の鱈とは違った独特の身の締まった風味が美味しい。

 で、もっと干してあるこのバカラも十分に塩抜きして食べると独特のこなれた風味としこっとした食感で、一度食べると病みつきになる味。

 コロッケみたいにしたり、生クリームとグラタンに、トマト煮、ご飯に炊き込む、この写真みたいにフライ(天ぷら?)にするなど、調理法のヴァリエーションもなかなかのものです。l

 こんな日本では見つかりにくい食材の料理なんて、覚えてもしょうがない、などと思わずに、せっかくの海外生活の思い出に珍しいものにも挑戦してみましょうよ。

 そんな気になったらお友達と誘い合わせて、料理教室のお問い合わせ、お申し込みをどうぞ

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 盛り付けの工夫で大人味のチョコ | トップページ | 生チョコ イケナイ応用編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛り付けの工夫で大人味のチョコ | トップページ | 生チョコ イケナイ応用編 »