« 我が家のバカラの定番、もうひとつ | トップページ | 五月からは爽やかな献立を目指しましょう »

2014年3月30日 (日)

習うということ

Sakuramotiきょうは日仏カップルのお宅のランチに招いて頂いたので、お土産に桜餅を作りました。

最近のお店だと桜餅=道明寺で作ったのが多いのですが、東京育ちのわたしとしては、道明寺=椿餅で、桜餅はしっとりとしたクレープ状の生地で包んであるのがホンモノな感じ。下町の有名店のもそうでしょ?

それはさておき、こんなヘタッピでも和菓子を手土産にするなんて、以前は想像していませんでした。

電子レンジで求肥 を作ったり、アイスどら焼きやお汁粉など簡単和風デザートは作ってたけど、いわゆる和菓子っぽいものは「買うもの」でした。パリだって、超有名和菓子の老舗もあるし…。(値段はかなり、以上に高価ではありますが)

それが、M先生と言う方の和菓子教室に時々通い、あんこの作り方を教えて頂いたら、すっかり「手作り派」になりました。

M先生は基本的にはパリでも入手可能な材料を多く使って、簡単に出来る和菓子を丁寧に教えて下さいます。頂くレシピもキチンとしてて分かりやすいです。

 お礼のお支払いが安いので、先生のお教室は出来たてのお菓子を試食して、作った分を「お持ち帰り」するだけでも、うかがう「価値あり」なんですが、それじゃ勿体ない。

 実際に自宅で作ってみてこそ、M先生から教えて頂く意味があると思います。

 わたしの料理教室は(体育会系)なんて言われているくらい、必ず皆さんご自身で作って頂けるように、と考えているのだけど、本当に皆さんのご自宅で作って頂いているのかな~って不安になる時もあります。

R先生の洋菓子とパンのお教室も楽しくて美味しくて素敵。先生みたいに作りたくて、ついついアレコレと道具が欲しくなっちゃうけど…。

 マダムVのフランス料理のお教室は、先生のお人柄、いかにも昔ながらのフランスの家庭の雰囲気や、素敵なテーブルコーディネートが学べます。

 お陰様で、わたしの「訪問料理教室」もお申し込みが増えて、以前のようにお一人とかお二人ではお引き受け出来なくなっちゃう位です。本当に感謝、感謝。

 

 これからも、一生懸命考えながら、M先生みたいに「習ったら作れる」料理教室にしていきたいな、と思った次第です。

 今後ともどうぞ、よろしくお願いしますね。

 現在発売中のNHK「きょうの料理」4月号に予告が出ているはずですが、5月号のお料理を作らせて頂いています。放映は4月30日の予定、多分4月の後半にはテキストも発売されるはず。日本の放送がご覧に慣れる方、テキストと共にご覧いただけると幸いです。

で、収録、その他の為に4月は東京滞在が長め(帰りの便はキャンセル待ち…泣)で、ご迷惑をおかけします。

 

|

« 我が家のバカラの定番、もうひとつ | トップページ | 五月からは爽やかな献立を目指しましょう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のバカラの定番、もうひとつ | トップページ | 五月からは爽やかな献立を目指しましょう »