« ポテトサラダかな? | トップページ | 大きさを変えれば味も »

2014年3月25日 (火)

黒ブーダンに挑戦しませんか?

Boudin_sケーキみたいな盛り付けにしてありますが、黒い部分の正体は黒ブーダンです。

シャルキュトリー(ハム、ソーセージ、惣菜の店)で、直径3センチ強ぐらいのゴムホースの太いみたいな形の、黒々とした生っぽいようなソーセージがとぐろを巻いているのを見たことがないかしら?

また、どこかで「フランスの黒いソーセージ、ブーダンは豚の血で作った…」とゲテモノ話を聞いたことが、あるとか?

シャルキュトリーだけでなく、スーパーでも売っているほどですので、ブーダンは決してゲテモノではなく、普通の食材だということは、まず理解して下さいね。納豆だって食べたことない人にとっては「茹でた大豆を腐らせて食べる」コワイ食べ物かもしれないのですから…。

で、先日のワイン会で前菜として、思い切ってブーダンを使ったミルフィーユ仕立てをお出ししてみたんですが、皆さんに好評で、ひと安心。食べず嫌い?怖くて買えなかった方たちも召し上がってみたら、意外なクセのない美味しさで、ぺろりと間食。

 いちばん簡単なのは、そのままフライパンで焼くことで、茹でたジャガイモを付合せたり、リンゴを一緒に炒めたり。

 リンゴと相性が良いので、市販品には最初から「リンゴ入り」というのもありますが、甘過ぎる=なんだかクドイ味になりがちなので、お薦めしません。ご自分で美味しいリンゴをさっと炒めて付合せるくらいの甘みで十分でしょう。

 ビストロで良くでてくるのは、マッシュポテトと重ねてグラタンにした「パルマンティエ風(じゃがいもと組み合わせた料理はジャガイモをフランスに紹介した人の名前を冠してこう呼ぶことが多いです)」、食べにくい皮を除いたブーダンの中身とマッシュポテトの相性が良いです。

というわけで、それをヒントにさらにパリパリに焼いたパイ皮も重ねて、ミルフィーユにしてみたわけです。

 写真だと良く見えないけど、極うす切りにした、さわやかな酸味の青リンゴグラニースミスをそえて、さっぱりと。

ね、こんな風になってれば「ゲテモノ、豚の血入りのソーセージ」なんて考えずに手が出るでしょ?

レバーと同様に黒ブーダンも鉄分豊富ですので、貧血の方が多い、女性には嬉しい食材です。女性向けのアレンジを加えて、どんどん食卓に乗せてみて下さいね。

こんな「ちょっと勇気の必要な食材」に挑戦するのも、お友達と一緒なら安心、そして私が食べやすいアレンジをしますので、大丈夫。是非、料理教室でね。

お問い合わせ、お申し込み(四月は殆どお休み。スミマセン)

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« ポテトサラダかな? | トップページ | 大きさを変えれば味も »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポテトサラダかな? | トップページ | 大きさを変えれば味も »