« 既製品も 気に入ったものは取り入れてラクラクでね | トップページ | ちょっとしたコトで食べやすくて経済的 »

2014年3月12日 (水)

春はホロ苦く

Boroccoli_s日本の食卓で春の雰囲気を演出してくれる野菜の代表のひとつに菜の花があります。

シャキッと茹でてお浸しに、あのほろ苦さがたまらない。ジャコとパスタにも美味しいですね。でも、パリじゃ手に入らないし(基本的に日本食材専門店に行かない私なので…。)

たまの里帰りのシーズンが重なって、食べるチャンスがあると大喜び、程度なんですが、今日はコレを発見。

ポルトガル食材店で売っているブロッコリなんですが、同様のものをイタリア、特に南のプーリア地方などでは良く食べるブロッコリと同じ。

 さっそく、アンチョビとニンニクで炒めてパスタにしようと、さっと茹でて食べてみたら、そう、菜の花とおんなじです。茎の下の方は固いですが、柔らかいところはホロ苦さも、甘みも一緒。明日は和食にして胡麻和えでたっぷり食べようと思いました。

Pasta_s_2本格派を目指すなら手打ちのセモリナ粉製オレキエッテ(小さな耳たぶ型のパスタ)を合わせるんですが、今日は太めのスパゲッティで、赤い粉はバスク地方のエスプレット唐辛子です。(夫が辛い物を食べないので、唐辛子をオイルに加えられなかった)

体が元気になる感じ、春は春の野菜の味を体も欲しがっているんですね。

この葉っぱを見つけられる方、一緒にパスタから手作りしてみませんか?

料理教室のお問い合わせ、お申し込み(四月はお休み)はこちらへ

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 既製品も 気に入ったものは取り入れてラクラクでね | トップページ | ちょっとしたコトで食べやすくて経済的 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 既製品も 気に入ったものは取り入れてラクラクでね | トップページ | ちょっとしたコトで食べやすくて経済的 »