« マヨネーズ はこんな感じです | トップページ | 黒酢ラブ »

2014年2月19日 (水)

究極のシンプル チャイニーズ茶碗蒸し

Tamagomusi_s味噌汁、吸い物、他のおかず作りに、粉末やパックの出汁の素、なんでも味付けラクラクの麺つゆや○○のダシ。

 

すごく便利ですし、大失敗がナイ、そして何より外国で暮らしているとカツオ節も昆布も限られた店でしか買えない上、かなりなお値段。

 

そこまで、分かっているのだけど、個人的にはどうしても「あの味」に馴染めません。で、わたしの料理教室でも和食のダシは悩みの種。

 

例えば茶碗蒸し。日本人なら誰でも大好き、材料も庶民的にすれば安上がりだし、手間も大したことない「優等生料理」。

 

たとえば、手許に椎茸、玉子、蒲鉾、ダシがあった時、具の入った「かき玉汁」よりずっと豪華な感じですもん。コレがダシがキチンと取れないと本当に困ります。

さて、写真は同じくチャイニーズの献立の〆に玉子チャーハンを作るより、喜ばれること間違いなしのシンプル「玉子蒸し」

なんと、これダシもスープも使わずに溶いた玉子を水で薄めて塩をちょっぴり加えて蒸すだけなの。で、蒸し上がりにネギ、香菜を乗せて醤油と胡麻油、胡椒を。

 おもわずガラスープの素とか入れたくなっちゃうけど、他にもオカズがあれば、むしろさっぱりと玉子の旨みを味わう方が美味しいです。わたしのダシの素嫌いな問題も解決!

 あ、玉子って旨みのある素材なんだな、って分かると玉子ご飯もダシやら味付けが入っている専用の「玉子ごはん醤油」を使わない方が好き、になると思います。

 とにかく既製品の成分表に一杯アレコレ分からないモノが入っているのがキライなシンプルオバサンの意見ではありますけど(苦笑)

さて、この玉子蒸し、玉子だけで十分美味しく出来上がるんですが、「どうしても贅沢したい!!!! 」というリッチな読者のみなさんは、具を加えても良いですよ。

実はこの写真のも牡蠣が二粒、底に隠れていて良いお味。あとは帆立、白身魚の刺身状にしたの(又は刺身の残り)、鶏のささみなどなど。

肝心なのは、入れ過ぎないことで、なぜか具が多くなると玉子の風味が出ずに、淋しい感じに仕上がっちゃう。目安としては大き目の刺身一切れ分くらいでしょう。

もちろん、メインおかずになる「ごちそうチャイニーズ玉子蒸し」もありますが、それはまた別の機会に紹介するということで、今日はシンプル、のお話でした。

料理教室、ワイン会のお問い合わせお申込みは

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« マヨネーズ はこんな感じです | トップページ | 黒酢ラブ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヨネーズ はこんな感じです | トップページ | 黒酢ラブ »