« 宿題も出ます 訪問料理教室 | トップページ | ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? »

2013年12月 7日 (土)

知らない素材を見つけるのもタイヘンですが、面白いですよ

Skarasumipotete


先日の料理教室の前菜です。

この前にアップしたのと同じグループの写真です。あちこちのお宅に伺っているのですが、この「組」の方たちは写真を撮影→即メールして下さるので便利に使わせて頂いております。(感謝)

 で、これはカラスミと私のお気に入りブランドポテト( トゥケのラット種)の組み合わせです。

 日本じゃ長崎のカラスミが有名、台湾のお土産もあるし、パスタ用に粉みたいになったイタリア製も売っていますが。

パリではどこで買うの?

私が以前住んでいた近く16区のヴィクトルユーゴー通りにはなんと?カラスミ専門店があります。かなり高級食材ですから、店の敷居が高くて入りにくい雰囲気。

 あとは魚屋で置いてある店が多いです。

 今回カラスミを使用したのは生徒さんが魚屋で売られているのを見つけて、メニューにカラスミを!とリクエストがあったんですが、普通にパScrevettesbrik


リに住んでたら、

「カラスミはどこで買える」かご存じないでしょ?

こちらはメイン、海老をパートブリック、北アフリカ料理では良く使用される、春巻きの皮のようなもので包んで揚げたもの。

春巻きより軽やかな食感、ほんのり中の海老が透けてキレイなの。

海老の頭と殻からダシを取って加えたトマトソースとレモン、真中はマスカルポーネチーズ。このマスカルポーネを軽くソースに溶かすも良し、海老につけても良し。

女性向けの軽やかなメインとして、またちょっとした前菜としてお薦めの一品なんですが。

わたしの教室では超初心者の方にはマルシェでの「お買い物指南」もするけれど’(その場合は時間が足りないので料理の品数が少なくなります)、基本的にはメールで材料をお知らせして、お買い物も皆さんにお願いしています。

 ですので、馴染みの無い食材に関してはフランス語の綴りも併記しますし、まずスーパーマーケットで買えるものにしているんですが…。

 でも、今回はこのパートブリックが見つからない~、のSOSメールを頂いちゃいました。どうも、別のものを買っちゃったみたい、とのことです。

 そう、いままで召し上がったコトがない、買ったことがナイものを探すのは大変ですよね。体育会系と言われちゃう私の料理教室、買い物もタイヘンですが、自分で材料が見つけられなければ、次から作ることはできませんので、是非がんばってお買い物もお願いします!

 素敵なマダムのサロン形式の料理教室だと、材料の準備も先生、デモンストレーション方式だったら料理を作るのも、盛り付けも先生。あとは美味しく食べて、きれいに書かれたレシピを持って帰るだけですから、私の教室に比べると、ラクチンですよね。

 私の教室では上の作業はすべて皆さんご自身でしなくちゃならないもの。

 そのかわり、後から自分で作れるようになる確率は断然高いと自画自賛。

 Smantovana

お買い物情報として、どこで買うのが品が良い、お値段お得などの情報もご提供しますからね~。

 

例えばこのケーキに使った松の実なんかはアラブ系の店が断然安め!

 

あちらの甘い甘いお菓子にはたくさん使いますもんね。等々

 

「訪問料理教室」

 

なかなか大変かもしれませんが是非チャレンジして下さいませ。お待ちしています

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらへ

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 宿題も出ます 訪問料理教室 | トップページ | ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿題も出ます 訪問料理教室 | トップページ | ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? »