« ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? | トップページ | 調味料の話し⑤バター »

2013年12月28日 (土)

あくまでおつまみですので  反省ワイン会

Gou_s_2

ずる~い、なんて言わないでね。

私も十分に反省の今回のワイン会、おつまみの筈が、料理のボリュームが多過ぎちゃった。

おそらくクリスマスな気分が残ってたのでしょうね。

とりあえず、ご報告でございます。

今回のメンバーは「おつまみ2品程度」の用意を考えていらしたので、お帰りにはさぞかしお腹いっぱいだったかと、失礼しました。

クリスマス明け早々のお申し込みのワイン会、女性4名で、ご希望は赤ワイン2本、価格を違えて飲み比べ。

一本20ユーロ、と40ユーロということでしたので、夫は今回はボルドーでセレクト。

Vins_s最初はワインについてのご説明。

メンバーの皆さんはもうパリ歴も長く、ワインにも詳しい、というか随分と飲んでいらっしゃるご様子でした。

最初の一口のテイスティングが終わったら、ちょこっとアミューズ。

コンテとミモレットの2種のチーズ入りのグジェール(塩味のシュー生地を焼いた軽いおつまみ)

は日本人シェフが頑張って以前から星付きレストランの名物と一緒です。

ベースは「絶対ふくらむノア流シュー生地」です。

Lingue_s

お安め=飲み口軽い方のワインには牛タンの酒粕漬け冷製。

蕪のわさび入りドレッシング和え、生姜とエシャレットのチャツネ。そして写真だとマーシュの葉と分からないけど、パセリがベースのグリーンソースも一口。

ちょこっと和の風味のある肉料理、を目指して生姜や山葵も添えながら、牛タンには「相性」のグリーンソースも。という小さいけれど欲張りひと皿。

Biche_pasta_s

 2時間前に抜栓しておいた、こっくりマルゴーには「予算を度外視」で鹿肉を赤ワインで煮込んだソースたっぷりに一口タリアテッレとパルメザンチーズ。

最初にバターとパルメザンのパスタを味わって、次にコックリ味のジビエのソース、と思い、普通と逆に盛り付けてみました。ちょっと見た目だとソースが分からなくて残念。

鹿肉はステーキだと癖のない赤身肉って感じですが、煮込みはそれなりにしっかりジビエしています。

Brevi_s パリの郊外に住んでいるポルトガル人のマダム(知り合いの友人)ご自慢のかりんのゼリーを添えた羊のチーズにたらりと上等バルサミコ酢

Montblanc_s 手作りスポンジケーキをほぐしてガナッシュクリーム、ラムレーズンを混ぜ込んだラムボールにマロンクリーム(茹で栗と生クリーム=モンブランと同じ)を合わせたミニデザート。

あれれ~????

わたしのワイン会は基本おつまみ2品とチーズチョビっとをおだしするのが約束なんですが…。

わたし自身はワイン通というより食いしん坊な人間なので、どうしてもワインを飲む時には美味しいモノが食べたいのです。こんなにお料理出したら、ワイン会にならないわ~、と大反省でございました。

 次回からはもう少し軽い献立になると思います。今回の参加者の皆さんには「食べ過ぎご容赦」願うとして、この献立、結構良さそうじゃありませんか?

 と自画自賛。料理教室の方ではこんな感じのメニューも良いかと思っています。みなさんお作りになってみては如何でしょうか?赤ワインに良く合います。

 ま、牛タンの下茹でなど、若干宿題が出そうですね(苦笑)

 ワイン会、料理教室のお申し込み、ご質問は下記へお願い申し上げます。

 それでは、来年も皆さんと一緒に美味しく食べて楽しいひとときを過ごさせて下さいませ。

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

 

|

« ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? | トップページ | 調味料の話し⑤バター »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビミョーな焼き加減にこだわる?それとも豪快に? | トップページ | 調味料の話し⑤バター »