« どうしちゃった? | トップページ | 宿題も出ます 訪問料理教室 »

2013年10月29日 (火)

日本でも入手できる食材で

Image
パソコン不調かな?で、iPadから
日曜日と月曜日はいつもの生徒さんと日本からのご友人でワイン会と料理教室でした。
せっかくだからパリならではの食材を、とも思ったけれど、考え直して日本でも簡単に再現できるメニューにしました。最初の写真はワイン会の最初の会に必ずお出しするグジェール。シュー生地にチーズを加えて焼くだけですが、ワインに良く合い誰でも気に入るおつまみ。すごく小さく見えるけど、盛り付けたゴブレットが大きいのです。紫のグラスにグラビュールが綺麗、でボロ市みたいな場所で見つけたの。飲み物には大き過ぎるのでサラダや前菜を盛り付けてます。
日本でも作れると言っても少々フランスならでは、なのは加えたチーズ。ミモレット、熟成コンテチーズの組み合わせは日本じゃゼイタク過ぎる~。
ワイン会ではコクのあるシングルヴィンテージ(2004)のシャンペンに合わせて白身魚と帆立のテリーヌ。これこそ日本じゃ簡単に買える材料で。


Image_2
ボルドーに合わせた鴨はこれから、鍋の季節、鴨南蛮にも使うし、大きめのスーパーやデパートで見つかる胸身ですから。フォアグラ乗せのトーストが添えてあるけど、これは自家製チキンレバーペーストでよし。海外のお土産があるかもしれないし。手前にイチジクのソテーを添えましたが、ドライイチジクを赤ワインで煮れば良いのよ。
ね、日本でも作れるでしょ?
私の「訪問料理教室」の参加者のみなさんは、ほとんどはパリ在住の日本人の奥様たちですので、せっかくのパリ生活、当地の材料でお料理しましょう、というテーマが多いのですが。 日本でも作りやすいフレンチっぽいおかず、とか日本では手を出さなかった「キチンと洋食」などのリクエストもお引き受けします。ここのところ、中がとろりん熱々のクリームコロッケも人気。タンシチュウも美味しかった(ただし教室の時間の都合で圧力鍋使用、前日の宿題あり)
星付きシェフの技術はないけど、レパートリーが多いのが自慢です。(あんまり、スピード、簡単、安上がりは苦手かも)

皆様、お好きなテーマでリクエストお待ちしてます。

お問い合わせ、お申し込みは

noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« どうしちゃった? | トップページ | 宿題も出ます 訪問料理教室 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしちゃった? | トップページ | 宿題も出ます 訪問料理教室 »