« 調味料の話し③酢 ちょいとややこしい | トップページ | 調味料のこと④ スパイス »

2013年7月15日 (月)

やっぱり家庭の味は美味しいな 上海編

001s


夫の若い友人宅にお招き、セーヌ川に面したアパートの9階のベランダから「革命記念日の花火を一緒に見ませんか?」

昨年末に引っ越しするまでの我が家はその花火の打ち上げ地点の近くだったので、ドカ~ンという大きな音と共に打ち上げられる巨大な花火を簡単に楽しめたんですが、今度のアパートだとムリかしらとあきらめていたところ、嬉しいお誘いでした。

002s


でもね、正直に言えば、もっと嬉しくて楽しみだったのが夕食です。

奥様は中国上海の方(しっかし、日本語が純粋日本人の旦那様より上手なの。アメリカで大学の先生をしているエリート)なんですが、ご両親が来仏中で、お母様が料理して下さるそうなんですもの。

可愛い娘の為にずいぶんと沢山の食材をお土産に持っていらしたとか。

003s


こちらのカップルは料理教室もさせて頂いているので、キッチンのサイズや道具は経験済み。はっきり言ってかなり小さなスペースで、電気コンロだし、冷蔵庫も小さめ、オーブンなども年季が入ってます。お鍋類も特に上等じゃない普通のものが新婚カップルにふさわしい数あるだけ(失礼)

006sそこで、お母様が一人で6人分作って下さったのが写真の料理です。どれも上海の「本当の家庭の味」だそうで、やさしい味付けで美味しかった。化学調味料も一切使っていないとのことで、わたしたちが考えるチャイニーズみたいに、ニンニク、生姜、ネギなどの風味もあんまり付けていませんでした。

最初の写真の真中は塩漬けにした豚肉を茹でたものがバラ肉とモモ肉の二種類と上海土産の醤油味の肉の盛り合わせ。

フランスでも良く食べるプチサレという塩漬豚肉と良く似ています=こちらでも真似できますね。

鴨の柔らか煮は少し甘めの醤油味で八角と肉桂風味、丸ごとの鴨を圧力なべで柔らかくしてから調味するのだそう。

まだ季節のグリーンピースと海老の炒め物は私たちにもお馴染みですね。

 で、うしろにある豆料理がとっても美味しかったんです。

左側は茹でて薄皮を剥いたソラマメを干し貝柱の戻し汁でゆっくりとつぶしながらペースト状に煮たものの上に刻んだ金華ハムが散らしてあります。金華ハムは贅沢ヴァージョンで、普段は高菜か本格には雪菜の漬けものを炒めた物を刻んで乗せるんだそう。やさしくて旨みもたっぷりなソラマメのピュレーが本当に美味しい。

 そして、枝豆の上海風マリネも枝豆という馴染みの素材が味付けで変わるのね、と実感。上海も夏の厚さは厳しいそうで、夏バテ防止に欠かせない一品だそう。

 あとは豚肉の入ったチマキとハスの実のデザートまで。

 あのキッチンでこんな美味しい料理をひとりで作っちゃったお母さん、お国ではビジネスウーマンでバリバリだそうなんですよ。かなりリッチなお家なんだそうです。そんな忙しい毎日でも、ふだんの食卓にスープも含めて4品のオカズは当たり前、だそう。

 家庭の味は美味しいな、上海のキャリアマダムの実力はスゴイな、と花火より美味しいご馳走に魅了されてしまった私でした。

|

« 調味料の話し③酢 ちょいとややこしい | トップページ | 調味料のこと④ スパイス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調味料の話し③酢 ちょいとややこしい | トップページ | 調味料のこと④ スパイス »