« 休日にカップルで料理教室、も楽しいですヨ | トップページ | 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ »

2013年5月 5日 (日)

昔風 ナンシーのマカロンはなつかしいオヤツ味

035


こんな「焼きっぱなし」の素朴なお菓子は如何ですか?

アーモンドパウダー、砂糖、卵白、と材料は三つだけ、作るのも簡単です。

パリだけでなく、東京でもみなさん、「マカロンはオシャレ、素敵~」と大好きみたいですが、その原型のひとつ、コレがナンシーのマカロンです。

イタリアの「アマレット」も同じようなお菓子ですし、リヨンにもマカロンがありますが、そんな「昔風」の中ではナンシーのものが一番有名かしら。

 流行のマカロンも皮の作りは基本的に同じですが、焼き色がつかないように気を付け、フレーバーによって着色料で色を付けます。クリームもフルーツ系のものは素材の色より着色料の方が効果的にキレイな色がです。

 料理もお菓子もナチュラル好みのわたくしですので、マカロンも昔ながらのクッキー式の方が好みなの。

 濃いめのコーヒーにもミルクティーにもデザートワインにはもちろん相性良し。

 カンタン過ぎて、お教室でお教えするのも恥ずかしいくらいですが、次回は一緒に作りましょうかしらね。

 何時もの通り料理教室のお問い合わせ、お申し込みはこちらのアドレスへ。このブログの以前の記事を探して頂くとアレコレと教室の内容が書いてあります。

 noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 休日にカップルで料理教室、も楽しいですヨ | トップページ | 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日にカップルで料理教室、も楽しいですヨ | トップページ | 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ »