« 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ | トップページ | やっと、夏が近づいたので、イタリアン »

2013年5月14日 (火)

昭和のカレーをパリで味わう

006_5


ま、こうやってご覧になると、ごく平凡なカレーライス、というか実際はかなり黄色っぽいルーの「なつかしい昭和の味、ライスカレー」に近いです。

パリに住んでも日本人はカレー好き、いつでもオイシイですが、日本製のカレールーは日本やアジアの食材店に行かないと買えないのが問題。

しかも、値段もそれなりで「思い立ったら即」カレーというわけにいかないのです。

 ところで、私の料理教室では基本的に固形スープや出汁の素は使わない、または、どうしても、の時でも規定の半量以下しか使用しません。インスタントの○○の素、や○○のダシみたいなのは、さらに「中に入っているものが分からない」感が強いので勿論NG.

 カレーは市販のカレールーでしか作れない、または本格カレーは何種類ものスパイスを調合したり、すっごく時間がかかる「アメ色に炒めた大量の玉ねぎ」が必要と思っている方が多いのですが、

市販のカレールーが存在しない時代にも、ライスカレーは家庭の人気ご飯だった

ことを思い出して欲しいのです。

で、パリでは基礎食材が安いし美味しいのですから、シンプルな味付けの昔風カレーも簡単に出来上がります。「昭和」式に比べると肉をたっぷり使いますからね~。うんとコクが出ます。

 そして、今日の生徒さんも驚いちゃったんですが、味付けは基本塩とカレー粉だけなんです!

 仕上げにチョビっとトンカツソースを加えたのはココのお家のご家族がトンカツソースの大ファンだから…。ケチャップが好きならケチャップでもヨーグルトを加えても良いのですけどね。

 みなさん、このカレーだけでなく野菜スープでもシチューでも、いきなり固形スープなどを加えずに、まず塩だけで(ま、和食なら醤油くらいは良いです、モチロン)味付けしてみて下さいね。

 他の塩分が入らないので4人前の料理だとおおよそ小さじ1杯の塩を加えるのが基本。いっつも他の調味料を使っていると、すごく塩の量が多く感じるかもしれませんが、塩だけなら大丈夫。

 思い切って味付けをシンプルにすると、素材の味が活きる上に、キッチンの在庫も整理できる、冷蔵庫も使いかけの調味料でゴチャゴチャなんてことがなくなる、などイイことが沢山ありますし、第一経済的でしょ?

 フランスのゲランドの塩なんて高級品を使ったって、市販の調味料に比べたら安いものなんですよ。

 だまされたと思って、一度わたくしに「料理教室」のリクエストを下さいね。

 

 noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

|

« 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ | トップページ | やっと、夏が近づいたので、イタリアン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肉食、パリなら買いやすい仔牛肉で作りませんか?サルティンボッカ | トップページ | やっと、夏が近づいたので、イタリアン »