« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月14日 (金)

料理教室 イタリアン希望のみなさまへ

 わたしの「訪問料理教室」、日程の予約の際に一応どんな料理が希望かも教えて頂き、そのあとで1,2回はメールのやり取りをしてメニューを決めます。(そのため、スケジュールは早めにお願いします)

 料理教室に関するお問い合わせ、お申し込みはコチラへ

 noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

 で、パリまたはお料理初心者の方だとマルシェの買い物から一緒に出かけて、魚の買い方、下ごしらえなんかもするコトが多いですね。スーパーでの買い物に慣れていると、路上にズラリと店が並ぶ市場の魚屋でどんなふうに新鮮な魚を見つけて、自分で切り身にしたりするか、ちょっと勇気がいりますものね。

 ところで、日本でのわたくしの仕事をご存じの方たちからは「イタリアン」のリクエストが多いです。

 もう、20年も前のことになりますが、母に続いて料理研究家として独立する際、なにか「自分だけのスペシャリティー」を見つけようと、イタリアで2年半の間、家庭料理を習いました。いわゆるレストランでのシェフ修業ではなく、知人のつてを次々に頼って、料理自慢のマンマの自宅に泊りこんでは家庭ならではの味を覚えてきたわけです。

 特にイタリアンは「マンマの味が一番」と言われますよね、そういう意味では私のイタリアンは、見かけは悪いかもしれないけど、我ながら美味しい~、と自画自賛!

 そんなわけで、イタリアンのメニュー希望、大歓迎なんですが、念のためひとつお願い。

 先日、ある方から「本格イタリアンピザ、マルゲリータとか」の希望を頂きまして、こういう風にお答えしました。

 たとえば、日本の家庭料理を習う、と言う時にいきなり「にぎり鮨」はしませんね。

 もちろん、家庭でにぎり鮨を作るおウチもあるかもしれないけれど、アレは基本的にはお店で食べるものだと思っています。 おウチで作るのは「五目すし」や「のり巻き」または、「手巻き鮨」でしょ?

 ピザの本場、ナポリでもいわゆる「石窯ピザ」はお店で食べるのが普通です。でもって、家庭で作るのは別のピザ。

 もっと分厚いパンみたいな生地にあれこれと具を乗せてじっくり焼いた一種の「おかずパン」みたいなものなんです。ずっと前にNHK「きょうの料理」でも「おうちピザ」としてご紹介したのを覚えてらっしゃる方もいるかしら。

 というわけで皆さんが食べたい「本格ナポリピザ」はご希望に添えないので、ゴメンナサイ。

 でも、ナポリ風の「おうちピザ」やちょいとカロリーが気になるけどナポリの下町風の「ミニ揚げピザ」なんかは夏が近づいたら、作りたいと思っています。

 何故夏???それは、イーストの発酵が気温が高い季節の方がラクだからなんです。教室の時間は2時間から2時間半が目安(買い物がある時は3時間くらいになりますが)ですので、冬場だとちょっと時間が足りないの…。

 一度生地作りを覚えていただいたら、その次からは前もって生地だけ捏ねて置いて頂いて、あれこれとピザやフォカッチャのヴァリエーションを楽しんで頂けますけど、最初は気温が25度近くなってから始めましょう。

 あんまり計画性のない人間なので、料理教室をスタートさせてしまってから、アレコレと決めていることが多くてごめんなさいね。でも、1月もみなさんの予約を頂いていて楽しみです。

 来週から我が家はいよいよ引っ越しに入ります。なるべく大急ぎで片付けて

「ワインとノア流おつまみ」の会も始めなくちゃね。すっごく狭いアパートで驚かれちゃうかもしれませんが、それでも料理って楽しい、ワインは美味しいって思って頂くのが目的です。

 こちらも楽しみにネ~。

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

料理教室、人数の変更などについて

「訪問料理教室」おかげさまで、沢山のお申し込みを頂いています。

イタリアンメニュー、ちょっとしたフレンチおかず、基本中の基本と、それぞれのご希望に合わせてアレコレと作って楽しい!みなさんのリクエストでメニューを決める=メールのやり取りが必要、少し余裕をもって予約してくださいね。

で、1月の予約も早めになさった方が良さそうですよ~。

料理教室に関するお問い合わせ、お申し込みはコチラへ

 noashiodaparistokyo@yahoo.co.jp

ところで、明日の教室の参加の方が一名「お子さんが病気で欠席」なのだそう。

 教室の人数変更やキャンセルについて、ご説明していませんでした。

よんどころない事情で欠席、前日までに連絡頂けばその方のレッスン料は頂きません。

 ただし、2名→1名になる場合は個人レッスンになるので20ユーロ。

 

 レッスンそのもののキャンセルは前々日までに、お願いします。

 つまり、当日の人数変更と前日以降のレッスンのキャンセルについてはレッスン料は通常のまま頂くことをご承知置き下さい。

仕方ない事情がおこることは避けられないけれど、みなさんで用意して頂く材料が無駄になるともったいないし、スケジュールの都合で他の方をお断りしている場合も多いので、こんなルールにさせて下さいませ。

 わたしの料理教室は「あなた自身のお好みに合わせたオーダースタイル」なので、急に他の方と変わって頂くことが出来ないんです。ご理解下さいね。

 

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »