« いつものオカズ→フレンチのコース料理に | トップページ | ダイエット後日談 »

2012年7月18日 (水)

忘れてた!メインの話

S013


夫の食欲、とか好みとか、難しいですね、の話の続きを書くはずが、ズ~ッと放っておきっぱなしでした。

 来週から里帰りでブログをお休みするのに、その前もサボってはイケマセン、反省。

この間ちょっと考えたのですが、どうもブログをサボるのは「写真を撮るのがメンドウまたは忘れる」ことが大きいと思います。だって、料理の仕事中ならカメラマンさんが出来上がりを待っててくれるし、第一食事の時間で、お腹を空かした夫がテーブルで待ってませんもん。

 言い訳多し…。ま、時々は文章だけのアップで我慢して頂くしかないかも。

 で、先日のメインでお話ししたかったのは、相変わらず、悩みの多い夫の好みのことでしたが、あのときは「モゥ~ッ」と思ったのが冷めちゃいましたね。

 で、上の写真がメイン料理のウズラのロースト、ラタトィユ添えでございます。

 なんとなく、もりつけが美しくない、その原因が夫にあるわけで…。

 お行儀が良いというのかな、夫は食卓で手を使って食べることが決してありません。骨付きのウズラ肉なんて、ちょいと手でつまんでかじるのも「美味しさのウチ」と思うんですけどね。しかも、我が家はお客様の時以外は、布のナプキンではなく、紙ナプキンだから汚れても捨てるだけなのに。

 ここで、話がそれますが、紙ナプキンって紙の無駄遣いみたいですが、使用済みのもの(もちろん、あんまり汚れた時は除いて)は、キッチンのチョイ掃除用に箱に貯めて置くと便利。流しの中の細かい食べ残しとか、吹きこぼれの最初のひと拭きとかに、お役立ちだから。二度使えば、それほど「もったいない」感がないでしょ?

 さすがにティッシュやキッチンの紙タオルを食卓で使うのは主婦の恥だし、紙ナプキンを2度使用、程度が自分で許せる範囲です。

 布のナプキンを数日間使う、というのがイタリア(多分フランスの家庭も)の習慣でしたが、コレまた洗濯したてのを出したとたんに汚しちゃったり、第一口紅がついちゃうのがイヤ。(我が家では夫の命令により夕食のテーブルでスッピンはNG)

 S010


はい、ここで話を戻して、ウズラです。

この前もお話ししましたが、モモ肉と胸肉は火の通りが違うから全部一緒に焼くと胸肉がパサパサ。胸肉がちょうど焼けたら、モモはフライパンでさらに火を通しましょう。

で、そのご「手を使わない夫の分」は裏側に包丁を入れて食べやすく。

S011
胸肉もモチロン、骨から外してから盛り付ける。アツアツのローストに包丁を入れるのは中々厳しい作業でございます。

もちろんお皿も温めて置くけど、パンを温める、付け合わせの仕上げ、サラダの準備等々、複数の作業といっしょですからね。

で、アセる→盛りつけが乱れるのです。

 私の分?はテキトーです。そしてテーブルではワイルドに手も使ってバシバシと食すのでございます(笑)

なんだか、行儀よくフォークとナイフで肉を食べている隣で、手づかみ、も気が引けるんですが、さすがに長い夫婦関係で、互いの欠点には目をつぶることを学習してますから。

みなさんのご家庭ではやっぱりお行儀が悪いのは夫で、妻はおしとやか、なんでしょうかしらね。ちなみに私の実家は二人ともお行儀悪く食べるのが好きなカップルだから、悩みはなさそうです。めでたし、メデタシ。

 夫婦のグチをこぼした今回でしたが、ちょっと追加の話。

この間ウズラのローストがひとり一羽では足りなかったので、今回は二人で三羽にしました。ま、私たちにはこれで十分な量なんですが、以前我が家の近所に有名な○○ションのレストランがあった時に食べたウズラは一人前が三羽!

 現在は小皿料理が主流の店が二軒になっている同氏のレストランの小皿バージョンは一羽(大体半人前を目指しているらしい)。で、レストランのサービス係の人の当時の自慢は

「アトリエでは一人前一羽。しか~し、コッチのレストランでは倍の値段で三羽。お得でたっぷり」 

 フランス人の常識では一人前二羽なんだろうか、の疑問が解けません。どなたか教えてくださいますか?

 

|

« いつものオカズ→フレンチのコース料理に | トップページ | ダイエット後日談 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつものオカズ→フレンチのコース料理に | トップページ | ダイエット後日談 »