« 煮物おかず魚編 エイのほほ肉 | トップページ | 6月のバッグはレトロっぽく »

2012年6月 2日 (土)

さっぱり美味しい「肉じゃがならぬムルじゃが」

S021


パリも夏らしい天気が続いてます(どうも明日からはあやしい)。

「ノア流フレンチおかず煮物」も、この暑いのに煮物???と言われちゃいますかしら。

確かに醤油、みりんの甘辛味のコックリした肉じゃがは少し暑苦しい味な気も…。

S011


でも、ムール貝のワイン蒸のうまみたっぷり「蒸汁」を使った、さっぱりコクのあつ塩味のジャガイモの煮込みなんて、いかがですか?白ワインはもちろん、ビールにもぴったりだと思うんですけど。

ジャガイモも掘りたての新じゃがいもですので、ちょっと水っぽいイイエ、みずみずしい独特の味が嬉しい。

S013


ムール貝をワイン蒸しにしてザルに上げて汁を分けておきます。同じ鍋にオリーブオイル、玉ねぎスライス、ベーコンを入れて炒めたら、蒸汁とジャガイモ(皮はたわしでこするだけで、ほとんど取れます。残ってたって味のうち)を入れて煮込む。

ローリエなんか入れるとイイですね(忘れた~)

S015


ジャガイモがまだ固いな、って頃に半分に切ったミニトマトも入れると、さらにさっぱり味に仕上がります。ただ、わたしはトマト大好きで、何にでもトマトを入れる傾向があるので、好みで入れなくても良いと思います。

 この間はバジリコのつもりでパセリ!なぁんて言いましたが、この料理には是非パセリが欲しいです。味が決まります。

すっごく簡単な、さらにポイントはムール貝にもベーコンにも適当に塩味があり、玉ねぎが程良い甘みを加えてくれる。コショウは好み次第だけど、

この料理、味付け不要なんです。

ネ、便利でしょ?失敗がないもの。是非試してくださいね。もちろん、日本ではアサリを使えばOKです。

|

« 煮物おかず魚編 エイのほほ肉 | トップページ | 6月のバッグはレトロっぽく »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 煮物おかず魚編 エイのほほ肉 | トップページ | 6月のバッグはレトロっぽく »