« 今日はウサギ!フレンチ煮物おかず、どんどん紹介します | トップページ | さっぱり美味しい「肉じゃがならぬムルじゃが」 »

2012年5月29日 (火)

煮物おかず魚編 エイのほほ肉

S009


日曜日に実家の母に電話したら「ブログの煮物シリーズ、魚がナイ」と言われたので、魚の「ノア流フレンチおかず煮物」を紹介します。

 夫がどうしても「魚よりは肉」「魚なら刺身」に好みではありますが、洋風だと(=ワインに合う味付けなら)グリルでも煮込みでも好きみたい。

S002


煮魚っぽいおかずで、定番なのは、サンピエール(マトウ鯛、普通の鯛でもスズキでも)とジャガイモのワイン蒸し煮、アンコウのピーマンソース、そして(あっ、最近作ってない、どうもフランスに慣れてイタリアンが減った?)、おなじみアクアパッツァでしょうか。

今日は、珍しい、エイの頬肉を見つけたので、夏野菜と「さっと煮」

S005

エイは普通はひれの部分を茹でてバターそーしで食べます。北海道ではカスベと呼んで煮付ける、あれに近いけど、味はずっと淡白で癖がありません。そして、頬肉はアンコウの頬肉(これも、日本ではホッペタとして認識してないで食べていると思う)に似ているけど、サイズがちょっと小さめ。簡単に、オリーブオイルとニンニクで炒めてパセリをたっぷり振って食べるのが普通です。

S006


そこは、母にも指摘されたように、現在のわたしのブログは「煮物特集」なので、こんな感じに。

エイは軽く塩胡椒して、小麦粉をふってオリーブオイルでソテーして取り出す。そこに玉ねぎ、ズッキーニ、焼いて皮をむいたパプリカ(赤緑)、プチトマトを順々に炒めながら加えて白ワインを注ぐ。

S008湯にサフランを漬けておいたのと、冷凍してあったムール貝のだし(そう、ワイン蒸しの時にちょこっと取り分けて置くと便利)を入れて煮込む。野菜が柔らかくなったら、魚をもどして、あんまり煮込まないようにして出来上がり。

食卓で、香りのよいオリーブオイルをかけて食べます。

 あ~あっ、失敗、失敗。仕上げに散らそうとバジリコを買っておいたのに、習慣は恐ろしい、でパセリを刻んじゃった!間違えではないんですけど、残念。

|

« 今日はウサギ!フレンチ煮物おかず、どんどん紹介します | トップページ | さっぱり美味しい「肉じゃがならぬムルじゃが」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はウサギ!フレンチ煮物おかず、どんどん紹介します | トップページ | さっぱり美味しい「肉じゃがならぬムルじゃが」 »