« 白アスパラガスにとろりんな白ソース。しかし夫はシンプルがお好き | トップページ | きれいな色のソースで魚料理 »

2012年4月28日 (土)

もう一回 白アスパラガスを焼いてみた

S001


ことしの春は思いっきりアスパラガスを楽しんでいる我が家。季節の味が今年は不順な天候と低めの気温の為?か、長く続いています。それに、低カロリーだから安心ですもん。

 で、先日来アレコレと試した結果、白アスパラガスは茹で、グリーンは焼いたのが美味しいという結論に一応達したのですが…。

S003


どうも、ほかの方(シェフも含む)、特に日本人には「焼くのが旨い!」という意見が多いようなので、もういちどオリーブオイルでじっくりと火を通してみることにしました。

マルシェでお目にかかってはアレコレと料理のことを教えてくださるDシェフによれば、焼く場合でもさっと茹でてアク抜きした方が良い、とのことでした。

昔、日本では新鮮な白アスパラガスなど入手不可能。で、工夫した「ノア流」のあく抜きをすることに。皮をむいてからレモン汁少々を加えた冷水に1時間ほどさらしておきます。

S005


水気を拭いたアスパラガスを上の写真のように軽く色づくまで焼いたら温めた皿に取り出しておきます。

同じフライパンに細く切った生ハムとバターを入れてさっと炒めたらアスパラガスの上にかけます。そうだ、アスパラガスは焼きあがりに軽く塩を振るのを忘れずに。ただし、生ハムの塩気を考えて、ごく控えめよ。

S007


あとは、ひきたてのコショウとバルサミコをかけたら出来上がり。

 なんとなくイタリアン(生ハムとバルサミコ酢だから当然か…)な前菜になりました。

いまのところ試した中で焼き白アスパラガスとしては一番かな?と思ってます。

|

« 白アスパラガスにとろりんな白ソース。しかし夫はシンプルがお好き | トップページ | きれいな色のソースで魚料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白アスパラガスにとろりんな白ソース。しかし夫はシンプルがお好き | トップページ | きれいな色のソースで魚料理 »