« 炭水化物はヘルスコンシャスに | トップページ | 里帰りのごはん »

2012年3月10日 (土)

アーティーチョークがマイブームな春です

S002
パリは東京に比べるとうんと北なんですが(北海道の北端より、もっと北!)、気候は同じようなもの。そして季節は少し早めに進むので、今は春!月曜日から里帰りを予定していますが、どうも東京には冬服を持っていかなければならないようですね。(里帰りにつき、ブログは休みかな~?)

 で、春の野菜がどんどん登場している中で、今年はやたらアーティーチョークが気に入ってます。

生で、茹でて、焼いてと毎週のマルシェで柔らかそうなのを買っては食べてたんですが「そうだ。忘れてた~」のがイタリアの母&料理の師匠、アンジェラに教わったトマト煮込みです。

S007


外側の固いガク(葉っぱ?花弁?)を適当にむしって取り除き、縦に二つ割りにしたら、中心の産毛みたいなのを削り取る。茎も皮を厚くむけば食べられます(ブロッコリーの茎と同様でございます=主婦の知恵)。アクが出て、色が変わる、爪先が黒くなるのを防ぐにはレモンを使用。

 エシャレット(本家はニンニク)のみじん切り、パセリのみじん切り、トマトペーストをオリーブオイルでゆっくりと炒めてから、アーティーチョークを加えて煮込みます。今日は甘くて柔らかいグリーンピースも途中で加えて一緒に煮込みました。両方とも春の味。

S009


とにかく「廃棄量」が多いのが困っちゃう、アーティーチョークとグリーンピースの料理を付け合わせるメインがが、これまたゴミの量が多いホタテ貝。

本当はきれいなオレンジ色のコライユ(内臓?みたいな部分)も美味しいのだけれど、夫は食べないので、ヒモ、ワタと一緒にゴミとなる。もったいな~い。新鮮なホタテなのにね。

S004
これは超カンタンな手抜き料理。市販のエスカルゴバターをちょいと乗せて高温のオーブンで焼いただけ。ひとり6個なんてぺロリ、のさっぱり料理。でも、ホタテの美味しさ100パーセント。

アーティーチョークの葉っぱとむいた部分、グリーンピースのさや、ホタテの殻とわたの部分。マルシェで買い物して、持って帰ったモノの多くはゴミになる運命だったわけです。アァ~。

ま、おいしく食べるには必要なこと、で、本当に「美味しゅうございました」


|

« 炭水化物はヘルスコンシャスに | トップページ | 里帰りのごはん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炭水化物はヘルスコンシャスに | トップページ | 里帰りのごはん »