« やさしいクッキー | トップページ | バゲットで和食 »

2012年2月25日 (土)

ソースなしの魚料理もオイシイ

S007
はっきり言ってウチの夫は「妻が太っても痩せても、だから????」です。

 で、妻のダイエットに無関心か、と思ってたら、目標達成プレゼントをくれて感激したんですが、現在もリバウンドに一喜一憂しているワタシに気がついてはいる様子です。

 フレンチの魚料理、それもクリームたっぷりのこってりソースが大好きな私。

特に淡白なキャビオー(鱈)にはアラで濃くとった出しを煮詰めて、クリームを加えたソースがた~っぷり、がオイシイ。

S004


で、上等の切り身を買ってきたわけですが、夫がひとこと

「クリームソースはやめとけ!体重が増えたって騒ぐことになるのは自分だろ」

 確かにおっしゃる通りでございます。グスン。
日曜日は日本から来た友人たちとランチの約束もしているし…。

S005

ソースなしとなると、魚が淡白すぎるかも、と思い香ばしくグリルすることにしました。

 私のグリルパンは厚手+焦げ付かない樹脂加工(しかも丈夫)な上に、取っ手が外せるのでオーブンにも入れられるスグレモノ。重すぎるのが欠点ですが、厚手だからしょうがない。ドーム状の深いふたも便利。

S003
ソースがない分、付け合わせをしっかりと作るしかない。

アーティーチョーク、さやいんげん、ズッキーニをそれぞれ食べやすいサイズに切ってから、別々に歯ごたえが残るように茹で、少し温かい状態で、味付け。

レモン汁、オリーブオイルに年末に来たSさん夫妻のお土産「鮎の魚醤」をチラリと塩コショウ。この魚醤、魚のクセは全然ないけど、ほどよい旨みがついて、和洋関係なく使えるので愛用。

ちっさな瓶ですが、使うのもちょっぴりだから減りません。

 で、ソースのかわりに野菜を敷いた上にグリルした魚を乗せ、オリーブオイルを回しかけたら出来上がり。

 どこかビストロで食べたりしたら「おいしい!」って思うような味に仕上がりましたけど…。

 やっぱりノア流こってりソースも食べたいなぁ。リバウンドしない良い方法があればネ。

|

« やさしいクッキー | トップページ | バゲットで和食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やさしいクッキー | トップページ | バゲットで和食 »