« 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ | トップページ | こっちの店は星二つ »

2012年2月 4日 (土)

ヘルシー、美しいパピヨット、でワタシも????

S019


きょうのランチは軽やかに、カビヨー(鱈)のパピヨット=紙包み焼きです。

 鱈の切り身にマテ貝、絹さや、ズッキーニ、自家製半生ドライのプチトマト、セルフィーユをのせて、透明セロファンみたいな専用フィルムで包み焼き。

 ちょっと前にこのフィルムを買いながら忘れちゃっていたのを戸棚の整理をして、見つけました。

S009


これが、生の材料をフィルムの上に置いたところ。

 絹さやとズッキーニ(さいの目に切ってあります)はさっと湯通ししておきましたが、生でも大丈夫だったかな?

 冬場はトマトが美味しくないので、安いミニトマトを見つけたときに半分に切ってから低温のオーブンで焼き、生っぽいドライトマトにしています。

S011


パピヨットはオイルなしで調理できるので、とっても低カロリー。今日もオイル分は超少量。ドライトマトをハーブと塩少々、オリーブオイルをかけて保存しているので、そのオイルが加わった分だけですもん。鱈は、もちろん、低脂肪、低カロリーな白身魚ですしね。

材料を乗せたらフィルムをキュッとしぼって専用のコードで止めるだけ。

S014


この写真はオーブンの中で蒸し汁がフツフツしているところ。

従来パピヨットを家庭で作る場合アルミ箔を使用したので、中身の火の通りが見えないのが難点でしたが、これなら目で見て確かめられるので失敗しらずなのヨ!

今日はサッパリ過ぎる鱈にウマミを加えるためにマテ貝の身をくわえましたが、生ハムの細切りでも美味しいです。ワインをちょっとたらすのも良いけれど、新鮮な魚なら、その出しの風味で充分かなと思います。

 先週からケーキに取り付かれ、しかもレストラン飯もあり、今朝の体重は「問題アリ」なわたしは、そのまま、夫はオリーブオイルをくわえて味わいました。

 週末は生ハムやサーモンをまず食べて、のところを止め、サラダとチーズは食べたけれど、デザートもチョコレートも抜き!これで、リバウンドをストップできるなら嬉しいな。

 なぁんて、体重なんか関係なく、さっぱりアツアツで美味しいひと皿になっております。

|

« 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ | トップページ | こっちの店は星二つ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ | トップページ | こっちの店は星二つ »