« 三ツ星レストラン考 おまけ編① | トップページ | 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ »

2012年1月29日 (日)

三ツ星レストラン考 おまけ編②

S032
とにかくアラカルトで頼めば一皿140ユーロあたりが普通という料理の中でランチコースがたったの90ユーロ(ワタシとしては高いのだけど、もちろん)なのですから、料理は一切選べないのは仕方ないとしか言えないでしょうね。昔の記憶では少なくともメインは肉か魚か選べたような気がするんですが…。

で、料理はパリ近郊=地元の食材を使用しているのがウリ。前菜なんかソーセージとジャガイモ、クレソンのサラダという庶民的な一皿だったのはビックリしました。(ただし、すごく美味しい。ソーセージもジャガイモもきれいにくり抜いてあって、さぞかし無駄な材料が沢山でるのだろうな、と感心する盛り付け)

 メインはポトフ風の一皿で、前回書いたように、頑張ってるネオビストロでも食べられるかも(ただし、サービスの仕方とか皿は別だけど)かな。

 で、2回続けてのテーマは「三ツ星はタダがすごい」です。

写真はアヴァンデセール=デザートの前座さん達というわけですね。

 クレームブリュレっぽく見えるけど、フツーのクレームキャラメル(カスタードプリン)は並レベル。上に乗っているバターで揚げたクレープは◎。

 奥はココナツ風味のダックワーズ、ピスタチオのクリームを挟んだマカロン、左の赤いのは濃厚チョコレートサブレ&超濃厚チョコレートムース(うんまい!)

 ミニケーキとはいえ、それぞれの味がはっきりしているので、満足感は大きいです。

S033


つづいてマンゴの「とろりん」の上に称が風味のココナツミルクのムースがポチポチ。

これまた、ギョウザ風アミューズに続いて中華っぽい一品ですが、パリのレストラン、どこでも生姜が流行だからね。

しかし、誕生日にでかけたSホテルのレストランで出そうだゾ。

S036


やっと登場したコレがコースのデザート。あらら、意外とシンプルにも同じ味の主クリームが三つだけ。

 といいつつ、すごく皮が薄くてシャンペンのコルクみたいな形のシュー皮にはババロアっぽいナッツのムース、ソースは同じナッツがベースでも香ばしい仕上がり。単純な見た目の割りにコレは「無料じゃないけど????」美味しい。

前の日にパリで1、2番をを争う人気ケーキ店で堪能したにもかかわらず、それを凌ぐ味には感心しました。いやぁ結局デザートは6種類食べたわけで、満足満足でございます。

 で、シメのコーヒーを頼んだらさらにもうひとつ無料デザートが追加??美味しいオイシイ、小さいけれどもコッテリ味がたまらない「りんごのバターケーキ」が運ばれてきた!!!

 う~ん、甘い甘いタダって最高!


|

« 三ツ星レストラン考 おまけ編① | トップページ | 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三ツ星レストラン考 おまけ編① | トップページ | 寒そ~うなタイムちゃんで、子羊のステーキ »