« なぜかクリスマスには鹿肉 | トップページ | 寒い日はおでん?パリだからポトフです。 »

2011年12月28日 (水)

もう一品 夫にプレゼント

S015
この間 物欲のナイ=プレゼントの必要なしに近い夫に、せめてオイシイ好物を作って食べてもらえば…と書きました。

で、考えてみたら鹿肉はむしろ私の方が好きかも???で、もう一品、夫の好物を作ることに。そういえば、ちょっと前に食べたい!って言われたのを聞き流してたかも~。

この写真がソレで「牡蠣のクリームゼリーとウチでは呼んでます。

S011
牡蠣を殻から取り出したら、ノイリープラット(辛口の酒精強化ワイン。白ワインよりコクがあって酸味がまろやかなので白ワインのかわりに愛用してます)少量で軽く火を通します。牡蠣の身がプクッとなるのが目安。

牡蠣の殻の深いほう(平らなのは捨てる)はさっと洗って水気を切り、濃い生クリーム、エシャレットのみじん切りの酢漬け、エストラゴンを混ぜたものをたっぷりと。

フランスの生クリームは日本のサワークリームと生クリームの中間の濃度と味ですので、もちろん日本では両者を混ぜれば良い訳ですね。

S016
その上に冷ました牡蠣をのせたらコンソメゼリー液(ちょっとポルト酒を加えてやさしい味に)をそそいで冷やせば出来上がり。

ゼリー液は氷水でトロリとするまで冷やしてからかけるとすぐに固まるし、殻から流れちゃうこともありません。

味のアクセントにコルニション=小さい胡瓜の辛口ピクルスの輪切りを。

別に殻に盛り付けることさえ気にしなければ、市販のむき身で同様につくれます。ガラスの猪口なんか使ったらキレイだとおもいますよ。お試しを!

 ウチの夫はとっても満足そうな様子で食べてくれましたけど…。

|

« なぜかクリスマスには鹿肉 | トップページ | 寒い日はおでん?パリだからポトフです。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜかクリスマスには鹿肉 | トップページ | 寒い日はおでん?パリだからポトフです。 »