« アメリカ料理なのかな? | トップページ | 鱈のねぎソース 和の材料っぽいけどフレンチな味です »

2011年12月18日 (日)

ブランジェ(パン屋)風だって簡単に

S015
こんがりと焼きあがった豚肉(肩ロース)とジャガイモ、玉ねぎ、おいしそうでしょ?

コレはノア流にシンプルな作り方を工夫したブランジェ風の豚肉ローストなんです。

ブランジェ風というのは昔パン屋の石釜の予熱を利用して、ゆっくりと調理した料理のこと。

一時、近くのビストロで(そこは、ステーキの付け合せのジャガイモを調理法指定で注文できるの)、普通はフライドポテトのと
S016
ことをブランジェ風が気に入ってました。その店では、ジャガイモ、玉ねぎ、にベーコンが入ってる。

ブランジェ風はスープを少し加えて蒸し煮にするのが特徴で、そのスープのお陰でふっくり、味も染み染み~、アツアツって感じの仕上がりになるのが特徴です。

S006


マダムVの料理では豚肉のロースト仕立てにしたのを教わりました。

その作り方だと、肉を焼く鍋、ジャガイモと玉ねぎを炒めるフライパン、そして両者を合わせてオーブンで焼くための耐熱キャセロールが必要。

で、ノア流はずっとシンプルに。もともと田舎の料理だから、ジャガイモ、玉ねぎ、肉にスープをちょいと入れて焼いた、という




S010
オリジナルにはわたしの作り方の方が

近いのではと自負してます。

肉を両面、ゆっくり、こんがりと焼いたところにたまねぎとジャガイモを加えて軽く炒め、スープ(これは前にもお話した超有名シェフ〇〇ション氏の顔写真入りパッケージの、日本製出しパック状チキンブイヨン)を注いでオーブンへ。

取っ手の取れるタイプのフライパンって

S001_2本当に便利だわ~。だってコレひとつでメイン料理が堂々完成だもの。

ところで、この料理は肉も柔らかい仕上がりでオイシイけれど、肉汁とブイヨンを吸ったジャガイモがホントーにしみじみ旨い!ダイエットがなければ、この倍量はジャガイモを使いたいところです。

となると、ジャガイモの皮むきですね。

日本のピーラーは持ち手に直角に刃が付いているものが殆どですが、わたしの愛用は縦型。このほうが皮むきの時に指先をひっかける心配がないし、包丁感覚で使いやすいと思います。で、料理好きの友人のお土産にしたりしたこともあるんだけど、評判は???

みなさん、もし縦型ピーラーを見つけたら試してみて、ご感想を聞かせてくださいね。

そうだ、刃の部分が左右に動く方が、ジャガイモのカーブに沿って使いやすいです。






|

« アメリカ料理なのかな? | トップページ | 鱈のねぎソース 和の材料っぽいけどフレンチな味です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ料理なのかな? | トップページ | 鱈のねぎソース 和の材料っぽいけどフレンチな味です »