« 自家製オレキエッティの作り方 写真を撮れない! | トップページ | 長~いお休み、そのワケは?ダイエットの話 ① »

2011年8月 9日 (火)

ノア流 ボンゴレバジルのパスタです。

S013スパゲッティは「茹でたてが命」なので、大胆というか乱暴に持ってありますが、私流のボンゴレパスタでございます。

日本でもお店食べるボンゴレってあさりが全部殻のまんまで入っている。

つまり、アサリを食べるときに殻をいちいち外すのに手が汚れる、時間もかかる→パスタは伸びるし、ワイングラスに油が付いちゃうのが不愉快。

だと思いませんか~?

で、以前からわたしはアサリの殻は基本的に除いてから使います。

S008
殻を半分残したのもいくつかあるのですが、問題はネ、500グラムのアサリがこんなに少量になっちゃうこと。

ニンニクとオリーブオイルを香りを出したところに、けっこうな量のアサリをいれ、ドライヴェルモットで蒸す。汁はちょいと煮詰める。などなど、の工程は正しい、と思うのだけど、そして最初に書いたように「アサリの殻は邪魔っけ」と確信しているのだけれど さびしい

S010
きょうはいろいろと書くことがありまして…

今年のパリは冷夏でしたが、それなりにベランダのバジルが沢山収穫できたので、バジリコペストを作りました。

 自家製はなんといってもゼイタクにおいしいオリーブオイル、おいしいパルミジャーノ、たっぷりの炒った松の実を加えるので、1年中欠かせません。

冷凍しておけば色もそのまんまのグリーンをキープ。

S012パスタの茹で上がりの少し前に薄切りにしたズッキーニを加え、茹で上がったら煮詰めたアサリの汁、バジリコペスト、アサリを和えるだけ。

 普段はパセリのみじん切りを加えるのですが、バジルがたくさんあるし、ペストも作りたてだったので合体してみました。

 イタリアでは魚介類のパスタにはチーズはご法度なんですが、ま、そのへんは「パリに住んでいる日本人」ということで勘弁してくださいませ。

 というより、ぜったい美味しいから試してみてね。


|

« 自家製オレキエッティの作り方 写真を撮れない! | トップページ | 長~いお休み、そのワケは?ダイエットの話 ① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自家製オレキエッティの作り方 写真を撮れない! | トップページ | 長~いお休み、そのワケは?ダイエットの話 ① »