« 魚介系おじやっぽい?きょうはウンと美味しいスープがメイン | トップページ | 誕生日だから, 誕生日なのに~?カレーライスで昼ごはん »

2011年7月18日 (月)

コレが魚屋さんです

S011 落ち込んだり、体調が悪いとブログをさぼるワタシ、ですので友人はブログが更新されていない時は「大丈夫?」メールをくれます。

昨冬は予防接種をしたのにもかかわらず3回もインフルエンザらしき風邪を引いたりしたしね。

 でも、今回更新が遅れたのはわたしではなく、パソコンまたはこのブログの不調のためにログイン出来なかったためです。

いつも混雑しているので、みなさんに評判の(ま、わたしが勝手に思っているだけですが、どうも魚屋ネタが皆さんに受けるような…)魚屋の写真が取れませんでした。ヴァカンスシーズンに突入&朝早く出かけてみたら、空いていたので、やっとパチリ に成功しました。

 カジキのがらが美しいタイル張りの壁の下は調理台と流しが並んで、お客の希望によって魚の下ごしらえをしてもらえます。

 初めてこの店で買い物した時に試験(注文した魚の調理法、ソースとその作り方をきっちりと質問された。幸い合格したみたいで…)をしたのが左から2番目のオニイサン、以来わたしの担当になっています。ものすごく混雑している時をのぞくと、基本的にそれぞれの顧客に担当があるみたいなのも不思議ですよね。

 そんなわけでこの間はヒマそうだったお兄さんと話がはずみ「次の水曜日はわたしの誕生日なのよ~」と言ったら、偶然にも前日の火曜日は彼も誕生日なのですって。ついつい、本当の年齢まで告白したら、彼はワタシより15歳も年下でした。

 この年齢になると大抵の場合、わたしが最年長、というのに慣れているつもりでしたが、あらためてトシを感じた~ガックリ。

S012
魚屋の話題だったはずが、話が外れました。

この店、魚の鮮度はとても良いのですが、強いて文句をつけるなら、ちょいと魚の種類が少ない、というか、いっつも同じモノがならんでいる。

 煮付けにすると美味しいメバルみたいな魚とか、アジ、小さな揚げ物にする雑魚みたいなものがナイ。いつでも新鮮なイカはあるのに蛸がない、等々。

 店内もそれほど広くないので、それぞれの魚は沢山並べてないのですが、どうも地下に冷蔵庫(?)か何かがあるようで、ちょっと減ると、即補充されてます。

店の外側のウインドウに面したところにはフランス人が大好きなサーモンが鎮座、入り口を入って右側の水槽ではオマール海老と伊勢海老が泳いでる。

 フランスの商店はほとんど同じシステムですがこの店も、魚をさばく人は一切お金を触らずに、モノと金額を書いた紙をわたすだけ。客はその紙と一緒に入り口のレジにいるマダムに払います。

 そうだ、この店、入り口の外側にレモンとパセリが置いてあり、一応値札が付いているんですが、魚を買った客には「無料」になるみたいです。このあいだもレモンを欲しいと思ったら、タダでした。

 旅行中に鮮魚を買うのはムリですが、もともとココは魚料理がおいしいレストランの付属(?)の魚屋さんですので、食事の前に一度覗いてみてください。

 パリの真ん中、モンパルナスタワーの近くです。




|

« 魚介系おじやっぽい?きょうはウンと美味しいスープがメイン | トップページ | 誕生日だから, 誕生日なのに~?カレーライスで昼ごはん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚介系おじやっぽい?きょうはウンと美味しいスープがメイン | トップページ | 誕生日だから, 誕生日なのに~?カレーライスで昼ごはん »