« 夫の変貌 まさかココまで変わるとは! | トップページ | やっと夏らしいパリに、で、この麺がウマイ »

2011年7月31日 (日)

パリにもあった「ウマイ手打ちパスタ」 でも・・・

S002 
パリにはイタリアンレストランが沢山ありますが、はっきり言ってオイシイ店はほとんどないと思ってたほうがガッカリしない。

特にパスタがダメで、まずアルデンテなんて期待しちゃダメ。ま、リゾットはオイシイことが多いかな。

ウチの近所に大人気のイタリアンレストランがあって、週末なんか行列してるんですが、そこで食べたスパゲッティボロネーゼなんて、ウン十年昔のK大学の学食の「ミートソース」を思い出しちゃったレベルですからね。

 まして、タリアテッレなんて最初から、美味しいものを想像するほうがマチガイ。

ビストロのメイン料理の付け合せにタリアテッレはよく登場しますが、柔らかく茹でたのをバターで炒め直したのか、皿の上で団子状になってることがしばしば。

客はそれをナイフで切る→フォークで突き刺して=肉を食べる要領で口に入れてるのよ~!!(怒)

 スミマセン、どうも最近話題がすぐそれる。で、きのうのバカうまなパスタの話しでした。

 パリの中心の小さな店はサンドイッチ屋としか思えない(実際にサンドイッチも売ってる→ただし、注文のたびにパンにハムとか挟んでね)のですが、その分テーブルも少ないので予約必須。

 ご覧のようなシンプルな大盛りパスタが日替わりも含めて、そしてほとんどが手打ち+ニョッキ、スパゲッティ、リゾットが各1種で全部で10種類ほど。

 オープンキッチンなのと、店で食べるだけでなく持ち帰りもOKなので、周囲のパスタを眺めた限りどれも美味しそう。

 写真は海老とズッキーニ、ミニトマトのタリアテッレですが、

 イタリアのマンマが作ってくれた手打ちパスタに近い=イタリアのフツ~のレストランテよりずっと旨い

驚きましたねぇ。まさかパリでこんなパスタが食べられるなんて。

S004
とはいえ、この店問題も大有りです。

なにしろ、ブルスケッタ(田舎パンのスライスにトマトが乗ってる)、ハムメロン、みたいな簡単な前菜が数種類あるけれど、メイン料理がナイ!

ランチだけかと思ったらディナータイムにもメイン料理が存在しないのだそうです。

いくらパスタが大盛りとはいえ、やっぱりミラノ風カツレツとか魚のフリットとかしっかりしたメイン料理も欲しいですよね。

特に夫と一緒だったらディナーに来たいのに、パスタだけじゃね。

 それと自家製のデザートも写真のティラミスとパンナコッタだけ。あとは瓶詰めのババ(小さなブリオッシュをシロップに漬け込んだ既製品)とアイスクリーム。

ティラミスは店のオバチャンが「うちのティラミスを食べずに帰ったら後悔するわよ~」のかなり脅迫に近い(苦笑)お薦めにしたがって注文。

 たしかにフワフワでおいしかったんですが・・・。

 パスタ激ウマ、メイン料理ナシ、のこの店、みなさんだったらどうする?

|

« 夫の変貌 まさかココまで変わるとは! | トップページ | やっと夏らしいパリに、で、この麺がウマイ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫の変貌 まさかココまで変わるとは! | トップページ | やっと夏らしいパリに、で、この麺がウマイ »