« サリコルヌ=アツケシソウ 海草のような、でも違う | トップページ | サリコルヌ(アツケシソウ)、炒めてもオイシイwithスズキ »

2011年6月18日 (土)

スズキが食べたい夫、寿司が食べたい妻

S007 夫は原因不明で「かかとが痛い」とかで、太極拳の教室を休むことにしました。わたしが体調不調で欠席しても夫はひとりで出かけるんですが、夫が病気or出張中などはわたしも休む。ナゼカな?

というわけで久しぶりに土曜日の朝の買い物がのんびりと出来ました。

まずは魚屋へ。先週はゼイタクにオマール海老を買いましたが、きょうはスズキを1尾。ここ2,3日夫はずっと「スズキが食べたい」と言い続けていたのでね。

S010 チュルボ(大ひらめ、ドーバーソール)のものすごく良いのもありましたが、夫が頑としてスズキにこだわっていたので仕方なし。

数日前から食べたかったと言えば、わたしはこの間からお寿司が食べたい。太極拳のあとは馴染みの和食レストランで・・・なぁんて思っていたの。

 というわけで、ご飯を炊いて寿司飯にし、スズキの刺身のほかにも左のようなひと品を。

S016 瓶詰めのイクラ(日本のものより少し粒が小さい)、イワシの酢〆、カニ入りの卵焼き。干ししいたけをもどして甘く煮ておけば良かったな(冷凍しておけるし)

 焼き海苔も添えてわたしは手巻き寿司っぽく楽しみました。夫もスズキのさしみをゆっくりと味わって…。

 ふたり分の汁物ですので、ちいさな(直径14センチ)鍋とはいいながら、このアサリの巨大さを見て~!

中くらいのハマグリのサイズで、味もふしぎなことにアサリというよりはハマグリの感じ。昆布だしに日本酒をくわえて潮汁にしました。

S013 いつも思うんですが、お寿司ってヘルシーと言われている割りに野菜が不足しがち。

 せっかくウチでたべるのですから、インゲンをたっぷりゆでて胡麻和え(写真を撮らなかった)と季節になった茄子(これまた巨大。この皿先日も登場したけど、二人分の炒め物用)の田楽も作ってみました。

 このところのパリは気温は低めだけど、天気が悪く、一日中雨が降ったりやんだり。まるで日本の梅雨時のような気候です。和食だし、梅雨っぽいし、なんだか東京でランチ、みたいでした。

|

« サリコルヌ=アツケシソウ 海草のような、でも違う | トップページ | サリコルヌ(アツケシソウ)、炒めてもオイシイwithスズキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サリコルヌ=アツケシソウ 海草のような、でも違う | トップページ | サリコルヌ(アツケシソウ)、炒めてもオイシイwithスズキ »