« パリのうどん屋さん | トップページ | ゴハンと一緒、が定番アショワ »

2011年6月 4日 (土)

粉を見つけたら、こんどは魚が…

S006 先日ちいさなルージェ(日本ではあまりみかけないヒメジという魚)のフライを作った時、魚屋のオニイサンに

「とうもろこしの粉を衣に使うとカリッとしてオイシイよ~」

 とアドヴァイスしてもらったんですが、その時はとうもろこしの粉のかわりにウチに買い置きのセモリナ粉を使っちゃいました。

S002 そうしたら、偶然近所の自然食品店でビオ(有機)のとうもろこし粉を発見。

 セモリナ粉でも十分とも思ったけど、やっぱり試してみたくて「お買い上げ」

 とうもろこしの粉は普通はイタリアンのポレンタを作るわけで、ポレンタはイタリアでは冬の食べ物なんですけどね~。昔イタリアに住んでいた時、真夏にポレンタを作っているところを大家さんに見つかって驚かれた記憶もあり…。

S004 粉も見つけたところで張り切って魚屋に出かけたら、ザンネン~、今日は揚げ物用の小さいルージェが入荷ナシ!

 え~っ、とがっかりしたら、魚屋さんに進められたのが左の魚。

コリノ=小さいメルルーサの意味で、ま鱈に近い種類なんですが、顔がカマスみたいに怖いので、そして、このごろお馴染みの高級魚屋なので、親切に頭を切られちゃってた!

付け合せにラタトイユも作り、バジリコの葉を添えて出来上がりが最初の写真。

さっぱりとした白身で骨離れも良く、そして衣のとうもろこし粉はごく薄くはたいたのがカリカリ。油の吸収も少なそうでヘルシーみたい。気に入りました。

 次回はルージェでね

|

« パリのうどん屋さん | トップページ | ゴハンと一緒、が定番アショワ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリのうどん屋さん | トップページ | ゴハンと一緒、が定番アショワ »