« ゴハンと一緒、が定番アショワ | トップページ | オマール海老を茹でて、ゼイタク昼ごはん »

2011年6月 9日 (木)

オイシイ花の季節到来

S019 メインは花ズッキーニのフリット、付け合せは茄子とソラマメのトマトパスタ。

 こんな献立だと夏が近づいたなぁと実感しますね。ま、東京は梅雨の真っ最中か…。

 ズッキーニの花のフリットは我が家の大好物、4本で5ユーロ=550円くらいだから、安くない素材だけど、八百屋で見かけると買いたくなります。とはいえ、花がクシャクシャになっちゃうから、当日に料理しないといけません。

S009 パリだとこんなふうに赤ちゃんズッキーニと花が一緒になっていますが、イタリアの記憶(あやふやなんだけど…)では、花だけでも買えたような記憶があります。

 もしかするとお百姓さんに貰ったのかなぁ。

 花だけを沢山入手できると、花びらを刻んだのをたっぷりいれたオムレツ、なんて素晴らしい(でも簡単)、美しい料理が出来るんですけどね。

S013   ひとりでたった二つの花ですから、中にはたっぷりの詰め物をいれます。

 玉ねぎ、ソーセージミート(要はひき肉にスパイスなどを加えて味付けたもの) をしっかりと炒めたところに、パルメザンチーズ、パン粉少し、溶き玉子、パセリのみじん切りを混ぜます。そして、その半量くらいのリコッタチーズを混ぜて、味を調える。

 イタリアの料理の師匠、そして、わたしの第二の母=マンマ、アンジェラはソーセージミートではなく、モルタデラソーセージ

S012_2  (いわゆるボローニャソーセージですね、本場の…)を刻んだものを使っていましたが、パリではイタリア食材専門店じゃないと買えないし、値段も高いので変更。

写真だとリコッタチーズばかりが目立っちゃってます(苦笑)

 リッチなファルシーを花(雄しべ雌しべは取り除いておく)に詰めると、けっこう沢山入るので毎回作るたびに驚いちゃいます。

あとは軽い衣をつけてカリッと揚げるだけ。熱々を冷えた白ワインでね。                                            

|

« ゴハンと一緒、が定番アショワ | トップページ | オマール海老を茹でて、ゼイタク昼ごはん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴハンと一緒、が定番アショワ | トップページ | オマール海老を茹でて、ゼイタク昼ごはん »