« 舌ビラメのムニエル、これでもバター控えめ | トップページ | 和のひと品も、わたしらしく »

2011年5月10日 (火)

じゃがいものファルシ くりぬいた中身の行方について

S005 ジャガイモのファルシにズッキーニとサラダを添えたきのうの晩ごはんです。

 前の日に夫に何食べたいか尋ねたら、答えは

「とにかく絶対にジャガイモ!調理法にはこだわらないが、ジャガイモが食いた~い」とのことだったのでね。

ファルシの中身は豚足です。豚足をつめるのは日本の雑誌にもたびたび紹介されている有名シェフC氏のビストロで食べたものを真似したのが始まり。

豚足を軽く塩漬けにして茹でたものを買ってきて骨を取り除き、つなぎにひき肉、玉子、パン粉、味付けは玉ねぎとパセリのみじん切り、キャトルエピス(ジンジャー、シナモン、クローブ、ナツメグのミックススパイス)でね。

S002  ジャガイモは皮をむいてから、適当にくりぬき、軽く茹でてからファルシを詰めてオーブンで焼くだけ。みかけよりずっと簡単な料理です。耐熱皿が大きかったので、輪切りのズッキーニとくりぬいた時に出来た、ちいさなジャガイモの端っこも一緒に並べちゃいました。

で、今日のテーマはここからなの。

ズッキーニを一緒に焼いたのは良いのですが、ジャガイモのファルシの付け合せに「なぜジャガイモ?」って思いませんか?

 最初の写真でもちんまりと遠慮深そう(?)に脇に並んでいるジャガイモさんたち、なんだかねぇ~。

 以前は軽く茹でて(変色を防ぐため)、取っておいて翌日のサラダに入れたりしたのだけど、どうみても「前日の残り物」って感じがバレバレ。マッシュポテトにするには量が少ないし。スープまた味噌汁の具にするのでも、くりぬいた格好がビニョー。(メロンのくりぬきを使うとラクラクなんで、それがいけない?)

 トマトのファルシの場合、中身はトマトの種とニュルニュルした透明っぽい部分だけだから捨てても平気、ズッキーニの中身もあんまり存在感がないので、捨てちゃう(ちょっと心が痛む。刻んでファルシの中身に混ぜると味が水っぽくなる)

 でも、ジャガイモの場合捨てられないのです。

 作る側としては「苦悩の末」に一緒に焼いちゃったのだけど、肝心の食べ手=夫は平然と平らげてた。ジャガイモ好きなら気にならないのかな?

 なんか良い方法がありませんかしらね。

|

« 舌ビラメのムニエル、これでもバター控えめ | トップページ | 和のひと品も、わたしらしく »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舌ビラメのムニエル、これでもバター控えめ | トップページ | 和のひと品も、わたしらしく »