« なんでもグラスに入れれば「オシャレなヴェリーヌ」??? | トップページ | 気分だけ、南フランスの夕食 »

2011年5月18日 (水)

小袋のヒミツ、夫はびっくり

S007_2 新鮮なイカを使って、イカ墨リゾット、それだけだと物足りない?とイカのリング揚げも添えて…。

 リゾットにはゲソ、エンペラ、そして胴の細いところを刻みいれ、きれいな輪の部分を揚げ物に。

 市販のてんぷら粉で簡単天ぷらそばでもしようかな、と買った天ぷら粉なんですが、韓国製、そのままなめてみるとナゼかホットケーキミックスみたいな味。

で、日本式の天ぷらとは違うので、ころもに少量のオリーブオイル(ちょっと前に凝ったスモーク風味)とハーブ、塩胡椒も加えたら、カリッとふわっと丁度良い感じでした。

 で、きょうは夫にばれた小さなヒミツ、でもないかな?

 魚屋には夫と一緒に出かけたのですが、新鮮なヤリイカがとっても美味しそう。そういえが、この間から夫は「イカ墨リゾットが食べたいな」と話したのも思い出して買うことにしました。

 「これで、イカ墨リゾット作るわね~」と言ったら、意外と料理に詳しい夫曰く

「イカ墨はスミイカじゃないと黒く出来ないだろ」ですって。

 いえいえ、イカと一緒にイカ墨の小袋も買ったんですよ。って小さい(3センチ角位)のを見せたらビックリ驚かれちゃった。

 なんだか、いままで、ず~っと夫を騙してきたみたいで心苦しい、後ろめたい気分になったんですが、お宅だって「イカ墨」の小袋使ってるでしょ?

 第一、ちいさな墨イカだとそんなに墨の量が多くないので、しっかりと黒くならないもの。ベニスで本格「イカの墨煮」が茶色っぽかった経験もあり…。

 ブログで言い訳です。

|

« なんでもグラスに入れれば「オシャレなヴェリーヌ」??? | トップページ | 気分だけ、南フランスの夕食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんでもグラスに入れれば「オシャレなヴェリーヌ」??? | トップページ | 気分だけ、南フランスの夕食 »