« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月15日 (火)

しばらく、自粛します

パリでテレビを見ていても、ニュースでは日本の災害のシーンが続々登場。

みなさん、ご家族、ご友人の方のなかに被害にあわれた方もいらっしゃると思います。

 こんな時「のんびり、のんき」がテーマのブログはちょっと、ふさわしくない気がいたしますので、少しお休み。

 体調をくずして、長期欠席→再開したばかりで残念ですが、一日も早く、日本の日常生活がもどることを待っています。   塩田ノア

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

バカラのコロッケなんですが、また写真がアップできないナゼ?

ゆうべは写真を忘れずに撮ったのに、またアウトルックちゃんの機嫌が悪い様子。ナゼかしらん。まあ、持ち主が気まぐれだから、しょうがないか。

 Facebookで渡辺万里さん、というスペイン料理の専門家を紹介して頂いたんですが、彼女がこのあいだ「たこ焼き器で作ったトルティヤ=オムレツ」を紹介していました。で、そのオムレツがバカラ入り(実際には塩タラを使ったらしい)と書いてあったので、急にバカラが食べたくなっちゃいました。

 バカラは干した塩鱈ってことは、戻すのに最低2日間は水に漬けて置かなきゃならに→急に食べたくなっても作れるのは二日後。「気まぐれノア」的対策、で、まとめて戻して冷凍しておきます。これなら、解凍するだけの手間だもの。

 戻したバカラをゆでて身をほぐし(皮は簡単だけど、小骨をのぞくのがチト面倒)、少量のマッシュポテトでつないだら、たっぷりのハーブを加えるのが好み。

シブレットまたは細ネギ、パセリ、香菜、そしてニンニクをちょっぴり(特に夫がニンニクを嫌がるので)、かなり全体が緑、の感じの生地を小さく丸めてフライに。

 パン粉は細かい方がカラッとおいしい。ま、そのあたり好みの問題ですが。

 付け合せにほうれん草炒め、松の実とレーズン入り、ほうれん草は夫と二人で1回に300グラム以上作るの。そして大量のサラダも用意したら、さすがに野菜好きの夫も「野菜ばっかりだな」とひとこと。

 ウチで食べるゴハンは野菜を沢山たべられるのが自慢、だけど、少し青々とし過ぎた献立でした。

 写真は今度アップできたらね。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

写真を撮るのを忘れましたが… 豆料理大好き

 長いことブログの更新をサボったので、調子が出ない。きのうの晩御飯も写真を撮らないまま。

 水曜日と金曜日の午後、フランス語の会話教室に通っています。一応4時半に終わるはずなんだけど、先生が熱心、で実際のところ5時近い=帰る6時になることも。(夕方は道路が混むので、バスだと時間がかかる。でもバスが好きなの)

 特に水曜日は夫は仕事の関係で早めに帰宅→夕食の用意は午前中に済ませておきます。

 昨日は前もって茹でて冷凍しておいた白いんげんを利用して、子羊のスリーと人参を煮込みました。

 子羊のスリーは足先の部分、骨付きでコロリとした形状がスリー=ネズミに似ているから、こう呼ぶのかな?

 足先の部分なので、肉が少し固いけどゼラチンっぽいのが大好きな部位ですが煮込み用に限られる。

 普段買う肉屋では他の部位より安いのだけど、昨日は高級住宅地パッシーの市場に出かけたので、ずいぶんと高いことになりました。

 スリーを注文したら腿肉の大きな塊の先っぽを切ってくれた=値段は柔らかな肉がたっぷり付いた腿肉と同じ値段というのはいまひとつ、納得できません!お金持ちはスリーなんか食べないのかな?

 なんだか話題がずれちゃった!

 で、豆料理の話にもどりましょう。豆の塩味の煮込みは我が家では定番の煮込みオカズで、塩漬けの豚肉や、鴨のコンフィ(塩漬けを脂でゆっくり煮たもの)などと煮込んだり、スープにしたり…。

 まとめて柔らかく茹でて冷凍しておけば、手間も1回で済むしね。

 日本でも栄養の先生たちは「豆を食べましょう」とおっしゃっていますが、問題は和食の豆の定番は甘い甘い煮豆になっちゃうことではないかしら。

 先日豆を茹でるついでに、なつかしい味の煮豆を作ったんですが、かなりたっぷり入れたと思った砂糖では、ぜんぜん味が物足りない。さらに大量の砂糖を足して、やっと「薄味」の煮豆になりました。

 普段の料理にあんまり砂糖を使う習慣がないので、驚き…。

 皆さんも市販の煮豆で「豆のある食卓」なんて思わないでくださいネ。

 

  

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

ショック! 風邪をこじらせました

 1ヶ月もブログの更新をサボってました。その間タイヘンだったのよ~。

 その前にも書いたように、キチンと予防接種もしたのに、この冬はインフルエンザに2度も罹ったみたい。で、一度目は自宅で何とか治し、2度目もと思った端ですが、すごい高熱が出た!

 当然夫は毎日会社に行くので、わたしが高熱でうなっていても仕事→一番具合の悪い時には病院に行くのは無理。

 ちょっと熱が引いたところで病院で受診したところ、即「入院」

 え~っ!? で、結局1週間入院し、その後も「入院ショック」で全く「やる気ナシ」

 で、なんと一ヶ月も経ったというわけです。

 その間友人たちから「ブログが更新していないけど、どうしたの?」メールなど沢山いただき、感謝。

010 でもね、主婦って家に居る限りは「完全休養」は不可能=入院したから十分に休めて、結局は良かったと思っています。(主婦なら、この感じ、分かるでしょ?)

 病院の食事は昼、夜ともにフルコースのフレンチだったし…。

コレはある日の献立。前日に、翌日のメニューを渡され、前菜、メイン、付け合せ2種、チーズ、デザート、各2種類のうちから選びます。

 この日は前菜にグリーンサラダ、メインはラムチョップ、付け合せは揚げたポテトとほうれん草、カマンベールチーズ(写真だとわからないけど)、デザートはリオレ(牛乳で甘く煮た米の定番デザート)の組み合わせ。

 全体に薄味&脂が少ないヘルシーヴァージョンではありますが、それなりの味。

 朝はカフェオレ、クロワッサンとバゲット、オレンジジュースとシンプルなものの、昼、夜はこんな感じのフルコースが「な~にもしないでも出てくる」

 仕事しながら、留守番&お見舞いの夫には本当に心苦しかったけど、おかげさまで1週間でラクになりました。

 といいつつ、退院した後、どうも調子が出ません。「怠けすぎ」たのかしらね。

 一応、普段は元気なのに、病気になったショック、と言い訳しておきますが、なんだか「やる気が出ない」状態です、困ったもんですね。

 とりあえず、今月末には「お花見」のために里帰りする予定。さらに夫に申し訳ない…。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »