« 包んで揚げれば、新しいオカズ | トップページ | 夫とビストロデート »

2011年2月 3日 (木)

注目度ナンバーワンのケーキ屋はココ

Hugo1 パリでは「ケーキ好き」になってしまった私。これじゃ体重が減らない(つ~か増えてる)のは当然ですが、ウマイものはウマイ、やめられません。

 で、一番のお気に入りのパティスリーが自宅に近いのもいけないですが、今雑誌などで注目度が高い店がこれまた、週に2回フランス語会話を習いに行く学校から帰宅する途中にあるのです。

また、昨日からアウトルックの調子が悪く、店の外観の写真しかアップできないのがザンネン。店のインテリアはは自宅近くの店にソックリ→もしかして同じオーナー?と思っちゃうくらい。

 で、ケーキはとっても斬新な感じ。分厚い(ブルターニュ風?)サブレの上に直径10センチ弱のチョコレートのボールが乗っているのが「キャラメル」というケーキ。

 チョコレートを割ってみると、中にはたっぷりのキャラメルソース、マカデミアナッツ、そしてキャラメル風味のムースが浮いている!!!

 バニラ風味のムースはバニラが超高級品のタヒチ産、そしてペッたんこの楔形のタルトは色とりどりで5種類。レモンタルトのクリームの香りが抜群。

 ゼッタイ、ゼッタ~イ、絶対に家庭では真似できないタイプのケーキばかりです。

 面白いので、パリにいらしたら一度は寄ってみてね!なんですが、正直に言うと、いつもの近所の店のほうが私の好み。

 何回も食べたい気にさせてくれる店では、昨日の店は負けている。たとえば、チョコレートケーキのチョコレートの滑らかさ、コクとかで…。

 でも、ファッションと同様にケーキには品質と共にデザインも大切な要素、と思えば「勝ち」????

 ま、週に2回は店の前を通過するわけですので、時々のぞいちゃいます。

|

« 包んで揚げれば、新しいオカズ | トップページ | 夫とビストロデート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 包んで揚げれば、新しいオカズ | トップページ | 夫とビストロデート »