« 注目度ナンバーワンのケーキ屋はココ | トップページ | 西洋ごぼうはウドの味? »

2011年2月 4日 (金)

夫とビストロデート

アウトルックの気まぐれに付き合うのも飽き飽き!今日も写真をアップするために開こうとしたのだけど、最初の1枚のみ機能しました。ナゼ、ナゼ???

005_8 結局のところ、ご覧に入れるのはコノ何でもなさそうな「青首鴨のロースト半羽分」だけ。コレじゃどんな料理か理解できな~い。

 ま、気を取り直して、昨日のランチのご報告です。

「働き虫」の夫はヴァカンスも殆ど取りません。夏のお盆のころに数日、そして冬はスキーも旅行もしない。ので、昨日は冬休みと称して会社を休みました。

 このところ、お小遣い不足の私はひとりランチが出来なかったので、チャンス到来とばかりに以前から食べてみたかったビストロに一緒に出かけることに。

 パリ北駅の近くなんですが、いかにも「昔のパリ」の雰囲気たっぷりの場所、店も「いかにも」な雰囲気のビストロ。(ここで、店の近くで見つけたカップル=キス中の写真を入れたかったのに~)

 以前夫が気に入ったレストランの姉妹店のビストロなんですが、昼は22ユーロの定食が評判らしく「必予約」。満員です。

 私は前菜に手長海老のスープ、メインは豚頬肉の煮込み、夫の前菜は蟹サラダみたいなもの、メインの鴨には別添えでジャガイモのグラタンが付け合せ。

 スープはバケツ?くらいの大きな器に入って「ご自由にどうぞ」スタイル、スープ皿には海老の身、クルトン、パルメザンチーズなどが入ってきます。あっさり、日本人好みの味。豚頬肉も小さめのストウブの鍋にたっぷり。

 おデブな私はなぜか「どかん盛り」の料理ばかりを注文したようでした。

 久しぶりにフレンチの店で食事すると、古びた(失礼!)夫もちょっと格好良く見える→キス中のカップルに影響されたかも??。

 お腹一杯の帰り道に、通りがかった店でおそろいの帽子と手袋のセットも買ってもらい、と~っても嬉しい冬休みになりました。こんな時は普段は嫌っている「パリの冬の曇り空」もロマンチックに感じます。

 

|

« 注目度ナンバーワンのケーキ屋はココ | トップページ | 西洋ごぼうはウドの味? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 注目度ナンバーワンのケーキ屋はココ | トップページ | 西洋ごぼうはウドの味? »