« 夫とビストロデート | トップページ | ショック! 風邪をこじらせました »

2011年2月 9日 (水)

西洋ごぼうはウドの味?

002_10 アウトルックの不調(画像を縮小できないとブログにアップ不能)で、更新をサボっているうちに、なんとまた、風邪をひいて、熱が38.5度も出たの。野菜、たんぱく質たっぷりと良く食べ、そして良く寝ているのに、ナゼ???しかも、昨年の11月にちゃんとインフルエンザの予防接種済み。

多分、語学学校には各国からの生徒がいる→世界中のインフルエンザ菌が蔓延してるのかも。

009_13 で、サルシフィについて。サルシフィは日本語に訳すと西洋ごぼうなんですが、最近の「昔野菜ブーム」のせいか、シェフ達がけっこう使っている。

 上の写真は先月の「マダムの料理教室」で習った料理を(多少自己流アレンジも加えて)再現したもの。

 鶏の胸肉と牛ひき肉の団子、そしてサルシフィをフォアグラ入りのソースで軽く煮込んだもの。鶏肉と牛肉を合わせる、とかソースに市販のフォアグラのパテを溶かし込んじゃうなど、すごくオモシロイ技がいっぱい。70代も後半になる先生のまた「お祖母さまの味」を再現したそうな。

 で、このとき先生が使ったのは、下ごしらえ済みの冷凍サルシフィでしたが、キレイキレイにアクが抜いてあって(多分やり過ぎだと思う。ま、冷凍食品だから、真っ白にしたかったのでしょう)、独特の香りが薄かったものの、日本のウドの煮物みたいな食感で美味。

 それまで、わたしはサルシフィ=スープがピュレと思っていたので、このウドっぽい味に驚き&気に入りました。

 で、この間夫とビストロデートした時も迷わず「豚のほほ肉とサルシフィの煮込み」をチョイス。写真だと良く分からないけれど、大き目のパスタ(ペンネ?)みたいに見えるのがサルシフィ。

 こちらは、生のものを使ったらしく、少々茶色い、けどその分「牛蒡」らしい香りがありました。でも、食感はやっぱりウドなのよ~。

 ま、ウドも牛蒡もセリ科の仲間(だと思う、多分・・・)だから、味が似てても不思議じゃない、けど日本ではかなり遠い親戚って感じですよね。

 フランスにはウドが見つからないので、今度和風の煮物にサルシフィを使ってみようかと思っています。

 ってことは、皆様~!ウドを洋風の煮込みに使ってもオイシイかもヨ。

|

« 夫とビストロデート | トップページ | ショック! 風邪をこじらせました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫とビストロデート | トップページ | ショック! 風邪をこじらせました »