« 温度差25度!東京からパリに戻りました | トップページ | 紫キャベツと豚肉の煮込み »

2010年12月 6日 (月)

驚き、ウチの夫はかなり料理上手

 きょうも写真はありません。というのも私が留守中の夫の料理について書きたいのだから、見ていないのだもの。

 10日間ほど私が留守をしている間、数日は日本から出張の方たちと食事を一緒にしたらしいですが、他の日は「自分でアレコレ作ったよ~」

 一応、冷凍庫にラザニア、野菜のグラタン、ミートソースやハヤシライスなどなどを入れておきレンジかオーブンで温めれば食べられるようにしてあったのですが、減っていない!

 どうも、意外に凝った料理をアレコレと作って食べたみたいです。

 牡蠣を買ったら半分は生で、残りは青梗菜と一緒に「オイスターソース風味の炒め物」にしたとか。ラムチョップをやいたり、シュークルートを作ったり。

 パスタもそれなりにソースをあれこれと工夫していたみたいで、なかなかやるもんです。

 日本に住んでいた頃は、私の仕事が忙しく、日曜日のブランチにパスタを作ってくれたものですが、そのときは毎回同じソース。定番ゆえの美味しさはあったものの完全ワンパターンだったのに…。

 パリに来てからは、わたしに時間の余裕がある=わたしは楽しんでゴハンを作っているので、夫が手を出すことはなかったのです。

 なのに、なのに、どうして料理の腕前が上がったのでしょうか????長年夫婦をしていても謎ってあるものなんですね。 びっくりです。

|

« 温度差25度!東京からパリに戻りました | トップページ | 紫キャベツと豚肉の煮込み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温度差25度!東京からパリに戻りました | トップページ | 紫キャベツと豚肉の煮込み »