« 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? | トップページ | ちょっとサボリたい気分、で簡単モツ煮込み »

2010年10月12日 (火)

「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?!

005 はい、きのうの我が家のアントレ(前菜)は、パリのビストロの前菜の中でも古典中の古典(?)、「ウッフマヨ」でございます。

 って、単に半分に切ったゆで卵にマヨネーズを添えただけなんですけどね~(苦笑)

 家庭の普段着の食事で「前菜」「メイン」なんて言うと、レストランじゃあるまいし、主婦だって忙しいのだから毎日そんなこと出来ない、と思われるでしょうが、これならネ。

 同じゆで卵でもサラダに入れちゃえば副菜で終わり、別盛りにして、食事の最初に出せば立派な(?)前菜です。

003 まさか?と思われる方のために証拠写真。これは、日本の雑誌にもたびたび紹介される、超々人気ビストロの「ウッフマヨ」自家製マヨネーズがメガたっぷりかかっているのが人気の秘密かな。

 そして、この料理、情報誌のグルメランキングでもパリの「おいしいウッフマヨ」部門で、ナンバーワンだったの(多分、もしかして2番かな・・・)

大体、「おいしいウッフマヨ」のランキングが存在するだけで、料理の人気のほどが分かりますよね。

 そう、卵を茹でてマヨネーズをかけるだけで、フランスで人気の定番料理が作れちゃうのです。料理が苦手、な方だって、ゆで卵くらいは出来るでしょ?

 さ、これからは堂々と「フレンチの定番の前菜が作れる」と胸を張って料理しましょうね、みなさん!

 ところで、前にも書きましたが、マヨネーズは「卵黄とマスタード」にサラダオイルを少量ずつ加えてグルグルかき回すだけ(+酢またはレモン汁、塩胡椒を最後に)で簡単に手作りできて、オイシイ、ウンマイ!

 卵を茹でるのが限界の調理レベルの方は仕方ない(ま、市販のマヨネーズに生クリームとマスタードを少量加えてみるとか…)として、是非マヨネーズは手作りでお願いします。

|

« 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? | トップページ | ちょっとサボリたい気分、で簡単モツ煮込み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? | トップページ | ちょっとサボリたい気分、で簡単モツ煮込み »