« 意外なところで見つけた!四角いセルクル型 | トップページ | 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? »

2010年10月 7日 (木)

アントレふたつで晩ごはん

004 きのうの夕食は軽い献立にしたいと思いました。その前の日、ランチを友人とレストランでしっかり食べ、夕食もガッツリ、さすがの「大食い」の私も反省したから…。ま、妻なんて勝手なもんですね、夫はいつもと変わらない食欲のはずにもかかわらず妻の事情で「きょうの夕食は物足りない~」と思っているかもしれません。(苦笑)

写真はアボカドのちょっとグワカモレ風(よく熟したアボカドをつぶし、レモン汁、焼いて皮を剥いたパプリカ、パセリなどを混ぜる)の上に、蟹の身を乗せ、自家製マヨネーズをたらり。 以前ビストロで食べた料理を真似しながらヴァージョンアップしたものです。

001 こちらは「モリューのアクラ風コロッケ」。

以前にも書きましたが、モリューとは塩乾鱈のこと。2日間くらい水に戻してから使うと、生の鱈とは別の旨味があって、オイシイ素材です。

 前にNHK「きょうの料理」でアクラという料理をご紹介したことがあります。

アクラはこのモリューを小麦粉の生地(ハーブやスパイス入り)でつないで揚げたもの。(「きょうの料理」では、日本で手に入りやすい塩鮭を使いました)

 で、きのうは小麦粉のかわりに少量のジャガイモを茹でてつぶしたものを使ってコロッケ風なの。夫はジャガイモ好きですからねぇ。

 料理2種とはいえ、どちらもアントレ(前菜風)の軽いもの、そしてサラダ、パン、チーズの献立です。夫はパンもチーズもたっぷり食べてたので、ちょっと物足りなかったのかもしれません。

 けれども、このアントレ2種類で「前菜、メイン」のかわりにしちゃう、というのは夫から教えてもらった外食の奥の手なのです。

 昔、夫が仕事関係のお付き合いで外食が続いたり、時には昼夜レストランで食べなきゃならない時など、きちんとメイン料理を食べていたら、とっても胃腸が追いつかない。で、アントレを二つ注文して、相手の方のアントレ、メインに合わせたのだそう。以来、前菜に食べたい料理が沢山&メイン料理に魅力がない、なんて時にも、この手を使っています。

 フランス人並みの食欲がない日本人、特に旅行中には便利な方法です。

 ま、普段のわたしは、すでにフランス人を凌駕する食欲の持ち主になり、そんなこともしなくなりましたね~。きのうは、珍しい「アントレ2種」ごはんでした。

|

« 意外なところで見つけた!四角いセルクル型 | トップページ | 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外なところで見つけた!四角いセルクル型 | トップページ | 金曜日のパエリヤ 分かりやすい??? »