« ひさしぶり、の人気ビストロ | トップページ | フォアグラのイチヂク添え  »

2010年10月 2日 (土)

金曜日は軽やかディナー

001 ウン十年も会社勤めをしている夫によれば「サラリーマンにとって金曜日の夕方は最高の日、一週間頑張って、土日が休みと思うとウレシ~」のだそう。

 わたし自身もOLの経験があるにはあるけれど、たったの十年間、夫の言葉には重みがあります。

 その発言はつい先週のこと。で、昨日の晩ごはんは「ゆっくりと食べられて、一週間の疲れがとれるライトなディナー」を目指しました。

 一応主婦として、「夫の好みを一番に尊重」しているというのが建前ながらも、実は「自分が作りたいもの」を作っちゃっているんですよね。妻として反省…。

 で、上の写真が前菜。トマトの上にフヌイユ(ういきょう、イタリア料理ではフィノッキオ)のマスタードドレッシング和えと軽く焼いたアンドゥイユ。フヌイユはスライサーを使って薄く薄く切ってあるので、食感はコールスローっぽく、味はフヌイユの個性がある感じ。

 で、アンドゥイユとは、豚の内臓(多分腸)で作ったソーセージで、直径7~8センチくらいの大型のもの。そのままスライスして食べるのがフツーなんですが、わりと脂肪が多いくて、その口当たりが気になるので、さっと焼いてみました。

 焼くとくるくると巻いて作った腸がほどけて、こんな感じにヒラヒラになり、表面のスモークが香ばしくなります。

 内臓のソーセージときくと拒否反応???ウチの夫も普段、アンドゥイユを積極的に食べるほうではありませんが、こんな風にするとOKみたいでした。

004 これがメイン料理の「蟹たっぷり」リゾット。魚屋で生きた蟹が4ユーロちょっと(500円しない)で、売っていたので…。

 いつも茹でて、手作りマヨネーズを添える、アボカドと合わせる、では芸がないので、もったいない気もするけれど、ドカンと蟹1杯まるごと、リゾットに入れました。蟹ミソも卵も全部、全部。

 写真では良く分からないけれど、リゾットにはズッキーニのさいの目切りもはいっています。そして、散らしたのはベランダで最後の葉っぱをつけたバジリコ。

 普段はリゾットは前菜か付け合せにするのだけど、豪華に作れば「お腹にやさしい」メインになります。

 焼きたてのバゲットにチーズプレート(マンステール、シェーブル2種、ロックフォール、羊のハードタイプ)を食卓に運ぶと、夫は白ワインから赤ワインに切り替えて…。

 毎朝8時前にはオフィスで仕事を開始する夫にとって、金曜日、翌朝の時間を気にせずに夕食を食べるのは格別の楽しみなんですね。

 白ワインをグラス2杯+赤ワイングラスにナミナミ1杯は、少し飲みすぎ?

週末くらいはね。

|

« ひさしぶり、の人気ビストロ | トップページ | フォアグラのイチヂク添え  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさしぶり、の人気ビストロ | トップページ | フォアグラのイチヂク添え  »