« アントレふたつで晩ごはん | トップページ | 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! »

2010年10月11日 (月)

金曜日のパエリヤ 分かりやすい???

001 土日の更新をサボったので、金曜日の話題なんですが…。

 昔イタリアで料理の勉強をするために滞在した時、トスカーナの小さな街では、魚屋が開店するのは火曜日と金曜日の二日間だけなのに驚きました(金曜日はキリスト教の習慣で魚を食べる、そして火曜日は理由は不明)

 そのときの習慣が残っている訳ではないのだけれど、月曜を除く毎日、新鮮な魚が買えるパリでも、わたしが魚屋に出かけるのは火曜日と金曜日が多いのです。

 で、金曜の夕食はパエリア!写真(いつもヘタクソ)では見えないけれど、中にはアンコウ、イカそしてムール貝、海老がたっぷりと入っています。本当は海老ではなくて、ダシの良く出るエクルビス(ざりがに)を入れたかったのだけど、その日に限っていつも売っている生きたエクルビスが入荷ナシ。

 魚介類の他には、赤ピーマン、トマト、グリーンピース、玉ねぎ、鶏肉、ソーセージ(夫が辛いものが苦手、本当は辛口のチョリソとか入れたい!)が入っています。

 パラリとしたサフラン入りのゴハンに具がたっぷり、すごくオイシソ~、と自画自賛、そして夫も喜んでくれるかな~?

 で、帰宅した夫の第一声は「金曜日にパエリアって単純な発想だな」ですって。

 ま、結果、味は気に入ってもらえたようで、しっかり食べたんですが、なんだか否定的な発言で、ちょっぴりガッカリしちゃいました。

 ウチの夫は食いしん坊なので、お気に入りorオイシイ時は、しっかり褒めてくれるし、???な味のときは欠点を指摘してくれるのですが、こんな風に私の献立を「単純な発想」なんて言ったのは初めてでした。

 結婚して15年以上経っても、夫婦は分からないことが沢山残っているものなんですね。

昔、どこかで毎週金曜日にパエリアを作るレストランで食事してたのかなぁ?なんて考えちゃいました。

 ところで、海外からブログを書いているせいか、コメントが書けない=お返事が出来なくてスミマセン。とあやまりつつ、皆さん、コメントお待ちしています!

 

|

« アントレふたつで晩ごはん | トップページ | 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アントレふたつで晩ごはん | トップページ | 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! »