« 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! | トップページ | ユーウツな時は、オイシイもので元気になろう »

2010年10月14日 (木)

ちょっとサボリたい気分、で簡単モツ煮込み

004_2 ここのところストレスのある仕事の準備をしていて、ゴハン作りに身が入りません。

で、簡単な牛モツ(トリッップ)の煮込みにピラフを添えてみました。ハチス、胃袋、そしてなんだか分からない部位を生トマト、セロリ、人参、玉ねぎで煮込んであります。

気分が乗らないのに、下ごしらえの面倒くさいモツ料理?の秘密はコレ。

001_2 買い置きの瓶詰めの牛モツなんですが、400グラム入り、のぎっちりモツが入っています。

普通の出来合いのモツ煮込みは、モツは少なめ、そして私の好みとは一致しない味のソースがたっぷり、なんてのが殆どなんですが、これは味付けが薄くて、殆どモツしか入っていないって感じなので、味付けが自由自在で便利です。

 ホント、夫が和風の「モツ煮」が食べたい時なんて、野菜、こんにゃくなど入れ、味噌味で煮込んだら、もとはフランス風なんて分からないくらいなんですから。

 以前(といっても昔々)卸売市場があった、レアール地区には、まだまだ食品関係の店が多くて、こんな瓶詰め類も品質の良いものが買えます。

 調理器具やエプロンなどもプロ仕様のものが見つかるし、製菓材料も1パックの量が多いのをガマンすれば安い。(ちなみに、友人で通販でおいしいケーキを作っている「みらべる」さんへのお土産は50本入りのヴァニラに決めている。日本の半分どころじゃない安さ)

 で、レアールに出かけたときは、このモツ煮込み、とか鴨のコンフィ(塩漬けの鴨の脂漬け)、カスレ(南フランス風の豆煮込み)などの瓶詰めを買っておきます。

 忙しい時、そして「やる気のナイ」時に、と~っても便利で助かる。

 皆さんも、「イザという時」の買い置き食材がありますか?

|

« 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! | トップページ | ユーウツな時は、オイシイもので元気になろう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ビストロの古典的前菜」が誰でも作れちゃう?! | トップページ | ユーウツな時は、オイシイもので元気になろう »