« 月餅 in Paris? | トップページ | ゼイタク考 »

2010年9月13日 (月)

雑誌の「おすすめ」、信じる?信じない?

 いろんな雑誌や新聞には必ずと言ってよいほど「おすすめレストラン」の記事があって、こんなに毎週=たくさん、お得&納得なレストランがあるわけないじゃない、なんて考えちゃうのはへそまがり、なわたしだけかしら?

 こちらの日刊紙フィガロには毎週水曜日に「フィガロスコープ」という情報誌がついてきて、レストラン、イベント、映画、コンサートなどなどの記事満載。

 レストラン紹介もなかなか充実していて、ここに掲載されて褒められていたレストランは必ずと言ってよいほど、すぐに日本の雑誌のパリ案内に登場します。案外日本の雑誌もフィガロスコープの記事を参考にしている????

002 で、へそまがりなわたしとしては、そんなに簡単にレストラン情報を信用してません。

 まず、一誌だけの掲載は×。だって、記者の友人とかかも知れないでしょ?それと、どの雑誌の記事でも同じような表現で書かれているのもギモン。もしかして、グルメ記者を一斉に招待、しかも普通の料理よりランクアップして????

などと、ひねくれた考えですが、それでも気になる店がある場合は、食べてみる前にレストランの様子を観察に出かけます。店のメニュー(たいてい店先に黒板みたいなのがあって「きょうのおすすめ」とか書いてあるし)をじっくりと眺め、お客の様子もね。

 で、OKな感じなら、まずはランチでおためし。ランチなら値段も安いし、ダメでもともと、とあきらめもつきます。

006 で、写真の料理は、しょっちゅう出かけるアリーグルのマルシェの近所のレストランのものです。

開店して1年もたってない新しい店で、開店当時から、あちこちの雑誌で紹介されていたんですが、店構えが妙に「ちょっとチープっぽい、レトロでお洒落」みたいで、どうしても食指が動かなかったの。

毎週店の前を「素通り」でしたが、夏になって、テラス席で食事をする人が増えたために、料理を間近で眺めるようになったら、どれもオイシそう~。

 値段はいつものわたしの「お得レストラン」レベルで、料理はこの通り。上はグアカモレ(アボカドのペースト)と蟹の前菜。これ、蟹の量が半端じゃない。だって、この皿って普通のミート皿サイズなのよ。

 メインはわたしがタンドリ風チキン、夫はラムチョップにしましたが、どちらも洗練されていないけど、ガツンな食べ応えで値段を考えると、とっても良かった。

 あれだけ、雑誌で褒められた、というは、それなりの根拠もあったのネ、と疑り深い自分をちょっぴり反省したのでした。

|

« 月餅 in Paris? | トップページ | ゼイタク考 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月餅 in Paris? | トップページ | ゼイタク考 »