« オマールなら任せろ!? | トップページ | 牡蠣のシーズン始めました »

2010年8月28日 (土)

すし大好きフランス人!写真なんか撮ってるヒマなし

020 どこに旅行にでかけても、市場を覗くのが何よりの楽しみ、で今回のノルマンディの別荘滞在でも青空マルシェや隣町の商店街の買い物を楽しみました。

この写真は魚屋のオバサン、このあたり別荘地なので、イギリス人などの滞在客は多いのですが、日本人は殆どゼロ。

最初に店に入ったら、「外国人だ~!」って感じで、目も合わせない位のコワイ顔だったのですが、こちらがフランス語で話したら、突然安心、変身のニコニコになりました。

 別荘に招待して頂いたからには、「日本食」を作らなくては、と新鮮なスズキ、イワシ、イカ、てんぷら用の小さな魚(日本のいかなごの種類らしいですが、長さ15センチと大きめ、ノルマンディ名物)、などを仕入れに来たと言うわけ。

 パリに比べると値段は3分の1くらいですが、9人分の魚ですのでそれなりに沢山買ったら、さらにニッコニコ、を写真に撮らせて頂きました。

 で、その日は細切り野菜と錦糸玉子、ハム、麺(日本だと蕎麦を使うのだけど、こちらでは中華麺)を7醤油ベースドレッシングで和えた和風冷やし中華っぽいサラダ(これは以前にも作ったことがあり、家族に大好評なのでリピート)、巻き寿司、てんぷらの予定だったのですが…。

 和食、それも寿司を作ると夫から聞いた家族は大興奮で、オープンキッチンのカウンターに全員集合。

 魚を準備している間も「すし、スシ、寿司~」と叫ぶので、仕方なく、炊き上がったご飯に寿司酢を打って、簡単な握りずしを作って配る。

あっという間に食べ終わった彼らは、また次の寿司を待ってる、食べる、待つ、食べる。ヒェ~!お寿司屋さんって大変な仕事なのですね。

 大急ぎで巻き寿司用にご飯を炊きなおし「カウンター握り寿司は終わり!」を宣言したんですが、それでも全員キッチンから離れない。

 夫に頼んでむりやり皆をカウンターから引き剥がして、テーブルに座ってもらい、揚げたててんぷら、刺身、巻き寿司、サラダを作ってサービスしました。

 いくら9人(実際のところ、わたしは口に運ぶヒマもなく作り続けたし、夫は料理の運び役だから半分くらいしか食べなかったけど)とはいえ、冷やし中華に近いサラダもたっぷり、ご飯は6合分、てんぷら数知れないくらい大量、刺身も普通に5人分くらいが、あっという間に完食とは驚きでした。

 フランス人は「ヘルシー」な和食が大好き、なんですが、こんなに食べたら、カロリーだってスゴイのでは?とちょっと心配になりつつ、沢山食べてもらって嬉しい一夕となりました。

 

|

« オマールなら任せろ!? | トップページ | 牡蠣のシーズン始めました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オマールなら任せろ!? | トップページ | 牡蠣のシーズン始めました »